驚きのエイジングケア効果! 「パクチー」の秘密

驚きのエイジングケア効果! 「パクチー」の秘密

アジア料理に多く使われるパクチー。苦手な方も多いですよね。ですが、そのパクチーは「奇跡のハーブ」と呼ばれるくらいの驚くべきパワーがあるんです!

抗酸化力が抜群! 「パクチー」のエイジングケア効果

アジア料理に必ず入っていると言われるパクチー。私も苦手でしたが、最近の研究から、このパクチーの驚くべきアンチエイジング効果が分かってきたんです。

実は、体内老化の大敵とも言えるのが「活性酸素」。そもそも、体内に侵入した菌やウィルスを撃退する役割のある活性酸素ですが、これが増えすぎると健康な細胞まで攻撃し、酸化させてしまうということで、活性酸素は老化の元凶とも呼ばれています。

パクチーには、この活性酸素を除去するSOD(活性酸素分解酵素)が、大豆やひじきなどと比べて約10倍多く含まれているんだそう!つまり、そばかすやシミを予防する抗酸化力のある食品としてかなり期待ができるんです。

エイジングケアの優れもの「パクチー」は便秘にも効果的

更にすごいのが、パクチーのデトックス効果。大気汚染や土壌汚染、化学薬品などにより、現代人の体には、化学肥料や排気ガス、水銀や鉛といった重金属が体内に蓄積されています。

こういった重金属が体に蓄積すると、体の中の酵素の働きを妨げるので、体内に活性酸素が多く発生してしまうんですね。そうすると、体内では血管や細胞が傷つけられ、代謝が悪くなり、ニキビや吹き出物が出やすくなるんです。特に活性酸素は、重金属に対抗しようとして活発化するので、蓄積すればするほど、多く発生します。

ですが、パクチーには、こういった重金属を体の外に排出するデトックスする効果もあるんです!更に腸内のガスの排出を促すことから、便秘解消の効果もあって、美肌に嬉しいことばかり。パクチーのあの独特の香りが苦手という方も、ここまでアンチエイジング効果の高い食材なら、少しずつ取り入れてみてはどうでしょうか?

奇跡のハーブ「パクチー」はネギ類と一緒に摂ると食べやすい!

パクチーが苦手な方は、是非、タマネギやネギと一緒に調理してみてください。デトックス効果が高まるだけでなく、香りが打ち消し合うので、食べやすくなるはず。
そこで、オススメのパクチー料理をご紹介しますね。

●パクチーと鶏ムネ肉のサラダ(4人分)

<材料>
鶏ムネ肉1枚
パクチー1袋
ナンプラー大2.5杯
レモン汁小2杯
ナッツ類、適量
赤唐辛子、適量
タマネギ(スライス)1/2個
塩・胡椒、適量

<作り方>
1)蒸し鶏を作る。沸騰したお湯に鶏ムネ肉を入れて3分間茹で、火を止めて40分放置。

2)スライスしたタマネギを水にさらしておく。

3)鶏ムネ肉をお好みの大きさにカットし、ボールに入れ、塩胡椒で下味をつける。

4)パクチーを4~5cmの大きさにカットする。根っこに香りが凝縮されているので、苦手な方は使わなくてもOK(混ぜる時には細かく刻む)。

5)ナンプラーとレモン汁を混ぜ合わせてタレを作る。

6)3)のボールに、パクチー、タマネギ、5)のタレを入れて混ぜ合わせる。

7)最後にナッツ類と赤唐辛子の輪切りを加えて、完成。

始めはパクチーを少量から加えていったり、鶏肉やナッツの量を多めにすると、独特の香りも気にならなくなると思います。

いつもの生活に、パクチーのエイジングケア効果を是非、取り入れてみてくださいね!
奇跡のハーブ「パクチー」で体内ケア

関連記事