「ウルトラ蒸し生姜」で、ダイエットも! 冷え症対策も!

「ウルトラ蒸し生姜」で、ダイエットも! 冷え症対策も!

生姜を乾燥させた「ウルトラ生姜」の進化版、「ウルトラ蒸し生姜」が、夏のダイエットと冷え症対策にぴったりなのだとか。どんな効果があるんでしょう?

熱も下げるし、体も温める。生姜には2つの相反する効果が!

「生姜」というと、どのようなイメージがありますか?「熱を下げる」イメージ? それとも「体を温める」イメージでしょうか?

実は2つとも正解で、生姜の使い方にはふた通りあるんです。

漢方ではそれを「生姜(ショウキョウ)」と「乾姜(カンキョウ)」と呼んで、以下のような違いがあります。

●「生姜(ショウキョウ)」

生の生姜、または生の生姜を乾燥させたもの。体の浅い部分を温め発汗させる、熱を下げる、胃腸を整える、咳を鎮めるという機能がある。生の生姜は、強い殺菌力を持つジンゲロールを含む。

●「乾姜(カンキョウ)」

生姜を蒸して乾燥させたもの。体の深い部分(内臓)を温め、血流を高める、冷えを改善する、嘔吐を抑えるという機能がある。蒸すことで熱が加わり、ジンゲロールがショウガオールに変化する。

最近よく聞く「ウルトラ蒸し生姜」は、乾姜(カンキョウ)のことで、なんと内臓を温めるだけでなく嬉しいダイエット効果もあるのだとか!

「ウルトラ蒸し生姜」は代謝をアップさせる!

というのも、この「ウルトラ蒸し生姜」を食べた前後では、脂肪の燃焼の仕方が明らかに変わるという実験結果が出ているんです。たとえば…。

●「ウルトラ蒸し生姜」を食べた前後で、脂肪燃焼率20%に達する為に費やした時間は…
食べる前:30分
食べた後:20分

●「ウルトラ蒸し生姜」を食べた前後で、エネルギーとして利用しているのは…
食べる前:糖分
食べた後:脂肪分

つまり、「ウルトラ蒸し生姜」を食べると、脂肪燃焼が促進されるというワケ。特に運動30分前に食べると、脂肪燃焼効果が高まるそうです。

もともと、内臓を温め血流を促進することから冷え症対策にも◎。ではどのように作るのでしょう? 作り方をご紹介します!

「ウルトラ蒸し生姜」作りは80〜100℃で蒸す!

●ウルトラ蒸し生姜の作り方

1)生姜をしっかり水洗いする。生姜の皮のすぐ下に「ショウガオール」が沢山含まれているので、皮付きのまま使う。

2)皮付きのまま、生姜の縞模様に沿って1~2ミリ程度の厚さにスライスする。繊維の目に沿って切らないと、繊維が毛羽立ってしまい、食感が悪くなる。

3)蒸し器の中に、蒸し布かキッチンペーパーを敷いて、生姜を重ならないように並べる。

蒸し器がない場合は、フライパンを代用し、フライパンの中に2-3cmの高さまで水を入れ、耐熱皿を置く。耐熱皿の上にキッチンペーパーを敷いて、生姜を乗せ、蓋をして蒸す。

4)80〜100℃の温度を保ち、30分蒸す。
5)天日で丸1日、室内干しの場合は約1週間干す。

オーブンを使う場合は、100℃で1時間程度乾燥させる。発火の恐れがある為、電子レンジは使用しない。

※生乾きだとカビが生える恐れがあるので、しっかりと乾燥させる。

6)カラカラに乾燥させたら、ビニール袋または容器に入れて密閉し、常温で保存(冷蔵すると風味が悪くなる)。常温で3か月程度は日持ちする。

★ポイント★
ショウガオールを最大限に引き出す為に、80~100℃で30分蒸すこと。100℃を超えると、ショウガオールが無くなってしまう可能性があるため要注意。

●ウルトラ蒸し生姜の使い方

そのままで食べると、とても辛いため、ミキサーで粉末状にして摂取目安量2gを摂るようにすると◎。

紅茶やこぶ茶、お鍋料理に入れるのがオススメです。目安量を超えると、胸焼けするなど消化器を傷める可能性があるので気をつけてくださいね。

冷えに悩まされがちな冬こそ、「ウルトラ蒸し生姜」で体を温めて、代謝をよくしていきましょう!
「ウルトラ蒸し生姜」で代謝のよい体を作りましょう!

関連記事