●●不足で体が臭う? 筋肉とニオイの関係

●●不足で体が臭う? 筋肉とニオイの関係

汗をかくと体臭がしそう…そんな心配をしている方も多いのではないでしょうか?実はその心配こそ、体臭の原因だったんです!

筋肉を動かさない=脂肪がたまる=加齢臭のモトが出来やすくなる!

気温や湿度が上がると、汗をかく機会も増えてきますよね。汗といえばニオイということで、なるべく汗をかかないように…と思っている方も多かったりしませんか?

実は「運動不足」こそ、ニオイの原因だったんです!なぜ「運動」がそこまでニオイと関係してくるのでしょう?その理由をご紹介しますね。

【運動不足がニオイの原因になるワケ】
1)代謝が落ちた状態で汗をかくと、血液や汗腺で分泌物が大量に作られすぎてしまうから。

毎日使っている水道の水は透明でサラサラしているけれども、久しぶりにひねった水道の水は錆びなどでドロドロしていることはありませんか?
あのような現象が汗腺でも起きてしまうんです。運動不足で代謝が落ちている人が急に運動をすると、筋肉中の乳酸が作られすぎてしまい、汗腺の中にアンモニアを大量に分泌してしまうんです。そのアンモニア臭い汗はアルカリ性なので、細菌が繁殖しやすく、更に臭ってしまうんですね。

2)運動不足により蓄積された脂肪が酸化し、加齢臭のモトができるから。

加齢臭の原因物質「ノネナール」は、皮脂腺から分泌された脂肪酸が酸化することにで発生します。つまり、運動不足だと体内に脂肪がたまりやすくなる=脂肪が酸化しやすくなる=ノネナールが発生しやすい、というわけ。

有酸素運動が、活性酸素による酸化を抑えて、体臭を防止!

それでは、どんな風にニオイを抑えることができるんでしょう?

【体臭を抑えるために取り入れたいこと】
1)運動や入浴でたっぷりの汗をかき、汗腺の老廃物を常に排出しておく。
毎日たっぷり汗をかくことで、汗腺の老廃物を排出し、汗腺の通りをすっきりさせておくと、サラサラした汗がかけるようになります。
入浴時、浴槽に42度程度の熱めのお湯を15cmくらい張り、手足を15分程つけて汗を流すようにします。これを繰り返していると、汗腺が鍛えられて、サラサラした汗をかけるようになりますよ。

2)有酸素運動をすることで、脂肪酸を分解し、加齢臭のモト「ノネナール」を作らせない。
1日約30分の有酸素運動をすることで、脂肪が燃焼され、脂肪酸が分解されやすくなるので、ノネナールが出来づらくなります。
あまりに激しい運動をすると「活性酸素」が発生し、脂肪が酸化しやすくなるので、軽い水泳やウォーキングなどが、有酸素運動としてはオススメです!

運動をすると汗をかいてしまう…と心配するのではなく、なるべく日頃から運動をして「臭わない汗」をかくことが、ニオイ対策には重要なんですね。

気になる方は、汗をかく前に「防臭スプレー」を衣類に、また頭皮が一番臭う場所なので防臭用の「ヘアトニック」をつけておくと、安心して汗を沢山かけると思います。ぜひ試してみてください!

関連記事