大豆

衝撃!エクオールが作れないと大豆を摂取しても効果が低い!?

美容と健康の為に大豆製品を積極的に摂っている女子は多いはず。大豆は縄文時代に存在したと思われる出土例や、「古事記」にも記録が記載されているなど、昔から日本人に馴染みの深い食材です。女性の永遠の願い、美しさ、元気と若々しさを保つのには、欠かすことの出来ない女性ホルモン。大豆には、女性ホルモンと似たはたらきをする大豆イソフラボンが含まれていることは、多くの女性が知っているところ。でも、イソフラボンをいくら摂取しても、実は日本人の2人に1人は効果がないのだとか。

実は「エクオール」が重要

いくらイソフラボンのサプリメントや大豆製品を摂っても、「エクオール」が作れないと大豆イソフラボンの恩恵を十分に受けることができないって知っていましたか?エクオールは女性の味方、年齢とともに足りなくなる女性ホルモンを程よく補ってくれる物質。大豆を多く摂取している日本人女性について、英国の医学専門誌でも「日本人女性の更年期障害が軽い」「欧米人に比べて日本人の骨粗しょう症の発症率が低い」と取り上げられたこともあります。イソフラボンが、腸内細菌によって「エクオール」に変わり、女性ホルモンのエストロゲンに似た女性の美と健康の源となっていたのです。

腸内細菌にはエクオールを作ることができるものとそうでないものがあり、作れる細菌を持っている人の割合は、日本人の約半数。がんばって毎日大豆製品を摂取しても、2人に1人しか効果を実感できないのはショックですよね! 20代では、エクオールを作ることができる人が20~30%という驚くべき報告も。これは伝統的な和食を食べている人が減っているからではないかと考えられています。

「エクオール」を作れない人はどうすればいいの?

手軽で簡単な方法はサプリメントを摂ること。製薬会社などからエクオールのサプリメントが発売されており、心配な人は試してみても良いかもしれません。
どうしても、自分がエクオールを作ることができるかどうかが気になる人は「ソイチェック」という検査キットで簡単にチェックできるので、ぜひこれを機に試してみてください。

関連記事