日焼けした日に積極的に摂りたい食材とは?

日焼けした日に積極的に摂りたい食材とは?

日焼け対策は外からだけではなく、実は内側からのケアがとっても重要!
紫外線に対抗できる美肌・美白に効果的な食べ物をご紹介します。

紫外線対策に有効な成分は?

日焼けに効果的なのはやっぱりビタミン。

ビタミンA、ビタミンC、 ビタミンE はどれも紫外線対策に非常に有効な栄養素です。

特にビタミンCは紫外線対策に効果のある化粧品にも多く使われており、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのほか、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあり、シワなどの肌の老化現象にも効果があると言われています。
ビタミンCは化粧品だけでなく、体内から摂取してあげることでより効果的に肌に誘導することができます。

ビタミンAにはすぐれた抗酸化作用のほか、コラーゲンの生成の促進に効果的。

同様にビタミンE も抗酸化作用を持つ栄養素で、肌の老化の大きな原因である活性酸素による酸化を直接的に食い止めることが可能です。

ビタミンがたっぷりの食べ物とは

【ビタミンAが多く含まれる食べ物】
トマト・かぼちゃ・にんじん・しそやパセリなど

特にトマトはビタミンC が多く、美白に効果のある食べ物と言えるでしょう。
ビタミンCだけでなく、A、Eも豊富で、それ以外にも多く含まれるリコピンは肌の老化を抑える抗酸化力が抜群で美肌には嬉しい成分だらけの食べ物です。

【ビタミンCが多く含まれる食品】
グレープフルーツ・オレンジなどの柑橘系・キウイフルーツ・イチゴ
ブロッコリー・ピーマン・えんどうなどの緑黄色野菜。

イチゴにはレモンよりビタミンC含有量が多く、日焼け後はもちろん、外出前にイチゴを5~6粒程度食べると紫外線ダメージを未然に防ぐ効果も期待できるのでおすすめです。

【ビタミンEが多く含まれる食べ物】
アボカド・アーモンド・ナッツ類

アボカドにはビタミンE以外にもベータカロチンやミネラル、食物繊維も豊富に含まれています。
傷ついた肌を内側から修復してくれるので、日差しで疲れた肌のためにも積極的に摂るようにしましょう。



とくにビタミンCとEを一緒にとり入れると効果が高まると言われています。
また、ビタミンCは必要量以外は排泄されてしまいますので、一度でまとめて摂るよりも数回に分けてこまめにとり入れるのが理想的です。

外側からの紫外線対策はばっちりという方も、綺麗な白肌のために食べるものにも少し意識して、内側からケアしてみてはいかがでしょうか?

関連記事