コラーゲンまで破壊…やっぱり怖い!紫外線

コラーゲンまで破壊…やっぱり怖い!紫外線

わたしたちの肌のハリに欠かせないコラーゲン。年齢とともに減少するというのに、さらに紫外線で破壊されるとは!外から内から、美肌のためにしっかりケアしましょう。

光老化と紫外線対策こそ、アンチエイジングのカギになる

いよいよ夏本番。うっかり浴びてしまう紫外線ですが、肌の奥の真皮にまで届くUVAは、肌のハリを保つために重要なコラーゲンまで壊してしまいます。もともと、加齢によって減少していくコラーゲンですが、エイジングに光老化が加わると、肌表面のハリが失われ、シワやたるみが顔に現れやすくなります。

紫外線対策は、サプリを飲むだけではだめ!

紫外線によって、「コラーゲンが破壊されたらサプリをのめばいい」と思うかもしれませんが、サプリだけでは回復しません…。アミノ酸バランスの良いたんぱく質も一緒にとることが肌のためには必要です。たんぱく質が不足すると、新しいコラーゲンの生成や古くなったコラーゲンの分解がうまくいかなくなるのです。

夏は意識してたんぱく質をとって

熱い毎日が続くと、ついつい「おそうめんだけ」などの食生活になりがちですが、これでは圧倒的にたんぱく質不足!コラーゲンというと、鶏の皮などがイメージされますが、豚肉やサーモンなど、身近な食材にも含まれています。あっさりしたものが食べたくなる夏ですが、紫外線からお肌を守るためにはたんぱく質を忘れずに。

紫外線対策がマスト

紫外線を浴びていない二の腕の内側のお肌はキレイですよね。本来、私たちのお肌はこうあるべきなのです。こまめに日焼け止めをぬって、光老化を防ぎましょう!
関連キーワード

関連記事