ビューラーにマスカラは大ダメージ?! まつげをダメにする悪習慣

ビューラーにマスカラは大ダメージ?! まつげをダメにする悪習慣

普段、ビューラーでまつげをあげて、それからマスカラを塗っている人がほとんどだと思います。でも実はこの組み合わせで、まつげを傷めてしまっているかも。

まぶたに170kg近い負担を掛けている?!

ビューラーでまつげを挟んで持ち上げる際、まつげそのものにかなりの負担がかかります。
さらに、マスカラというのは、勿論健康的に害がある訳ではないのですが、ウォータープルーフ効果が高いもの程、化学成分がまつげを弱らせて細くしてしまうんです。
さらに強いウォータープルーフのマスカラを落とす時に、まつげを挟んでまぶたを引っ張る力は一年分に換算すると170kg近いものを持ち上げる力に相当するんだとか。
それだけの負担をかけているとは、普段思いもしませんがまつげに良くないことは事実。

つけまつげよりもまつげエクステ

まつげエクステは自まつ毛が傷む、という発想から、つけまつげを使っている人も多いかと思います。
でも、つけまつげは、接着剤で直接まぶたの薄い皮膚に貼り付け、また外す際にもまぶたを引っ張ることになり、接着剤で張り付いたまつげが抜けてしまう事もあるので、まつげやまぶたにかなりの負担をかけてしまいます。

その点、まつげに対して1本ないし2本の毛を接着するまつげエクステは、まつげそのものに多少の負担は掛かりますが、まつげの根本に少量の接着剤で軽い繊維を貼り付けるので、無理矢理引っ張って外したりしない限り強い負担が掛かる事は少ないのです。

やっぱり大事なのは、自分のまつげを育てるまつ育

まつげの事を考えるなら、ビューラーであまり根本からまつげを立ち上げ過ぎないように注意して、お湯で落ちるタイプのマスカラを使うのがベスト。
でもやっぱり華やかにしたい! という人はつけまつげよりもエクステにした方がまつげやまぶたへの負担は少なくなります。
そこで、やっぱり大切になるのは、まつ育。そう、まつげ育毛です。

こちらの記事も参照↓↓↓
きちんとまつ育をしながら、目元のオシャレを楽しみたいですね!
ビューラーにマスカラは大ダメージ?! まつげをダメにする悪習慣

関連記事