食べる日焼け止め?!  紫外線対策に有効な食べ物で内側からもケア

食べる日焼け止め?! 紫外線対策に有効な食べ物で内側からもケア

紫外線対策にはUVケアをはじめ、日傘や帽子などの外側からのケアはもちろん、内側からのケアも大切です。
紫外線対策に有効な食べ物を食べて、本格的な対策をしましょう!

栄養と紫外線による日焼けの関係性

日焼けとは炎症の一種なんだそう。紫外線を繰り返し浴びていると、メラニン色素が皮膚の内側に沈着し、シミやソバカス、ホクロなどの原因となってきます。太陽の日差しが強い日だけでなく、曇りの日や夏以外の季節でも油断は大敵。日焼け止めを塗ったり、日傘をさすなどの外側からのケアはしなければなりませんが、体の内側からのケアにも注目されています。食生活による紫外線対策は、プールに入っても落ちるものではありません。紫外線対策に特に有効な栄養素を含む食べ物を食べて、体の内側からも本格的な紫外線対策を行っていきましょう!

紫外線対策によい食べ物とは?

【ビタミンC】
シミやシワを防ぐ働きがあります。
コラーゲンの生成には欠かせないのはもちろんのこと、還元型の抗酸化物質なので、黒くなったメラニン色素を白色化する働きがあり、シミやソバカスを目立たなくしてくれるのです。

トマト、ブロッコリー、オレンジ、グレープフルーツ、いちご、ジャガイモ、キウイ、スイカなど

【β―カロテン】
皮膚や粘膜を保護し、肌を強くする働きがあります。
これは、活性酸素を消す働きがあり、チロシナーゼの活性を弱めたり量を減らしたりすることで、メラニン色素の生成を抑制してくれるのです。

にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、サツマイモなどの緑黄色野菜

【ビタミンE】
抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐ働きがあります。
また、血行を良くすることでターンオーバーを正常化して、メラニン色素の排出を促してくれます。

アボカド、キウイ、くるみやアーモンドなどのナッツ類

【ビタミンB2】
皮膚の新陳代謝を高める働きがあります。

牛乳やヨーグルト、卵、納豆など

【亜鉛】
皮膚を健やかに保つ働きがあります。

牡蠣やほたてなど

【オメガ3脂肪酸】
日光から肌を守る効果があります。
週に2回程食べることで、十分な量のオメガ3を摂取出来ると言われています。

鮭、ニシン、サバ、マス、イワシなどの冷水魚

関連記事