夏は紫外線や海・プールで髪がバサバサに… そんな時の解消法!

夏は紫外線や海・プールで髪がバサバサに… そんな時の解消法!

本格的な夏到来!海やプールに行く機会が増えますが、そこで気になるのが髪の傷み。
今回は紫外線だけじゃなく、夏の正しいヘアケア対策をご紹介したいと思います。

夏は紫外線だけじゃない!どうして髪が傷んでしまうの?

暑い夏は、紫外線による髪のダメージが増える季節です。
それに加えて海やプールに遊びに行く機会も増えるので、髪のダメージはひどいことに…。

では、どうして海やプールに行くと髪が余計に傷むのでしょう?

髪が海水で濡れるとキシむ原因は、海水の塩分です。
塩分は髪から水分を奪い髪を乾燥させてしまう上に、海水に濡れた髪が乾くと、髪の表面に塩の結晶ができて手触りがゴワゴワ、ザラザラになってしまいます。
さらに、海水は弱アルカリ性であることから、髪のタンパク質を溶かす性質があります。
ここに紫外線によるダメージが加わることで、キューティクルがダメージを受け、剥がれやすい状態に。
キューティクルが剥がれると、内部から水分やタンパク質が流れだし、これもパサつき、ゴワつきの原因になってしまいます。

一方プールの水に含まれている塩素も髪に与える影響は海水と一緒です。
塩素が髪に付着することでキューティクルが破壊されてうるおい成分が流れだし、さらに紫外線の影響も塩素の漂白作用が加わることで倍増してしまうんです。
また、塩素による酸化作用は髪や頭皮の細胞にダメージを与え、老化を早める原因になります。

紫外線対策は未然のケアが大事

①洗い流さないタイプのトリートメントをつける
塩分が髪に入り込むのが傷む原因というのであれば、塩分を入れさせない対処をしてあげるのが重要。
ヘアオイルを使って塩分が髪に入り込むのを防ぎましょう。

②髪の毛用の日焼け止めをつける
最近ではヘア用の日焼け止めも充実しているので、お肌だけでなく髪の毛もしっかりと紫外線対策してあげましょう。

③髪はまとめる
髪をできるだけ塩素を含んだ水に付けたり、日差しの強い紫外線に触れさせないように、髪の毛はまとめるようにしましょう。
また、髪は濡れることでからまって摩擦が起き傷んでしまうので、最初からまとめておくことで、からまりも未然に防げます。

紫外線を浴びた後や海・プール後のアフターケアは

①できるだけ早く洗い流す
海水はアルカリ性なので、すぐに洗い流して髪の毛と同じ酸性の状態に戻さなくてはいけません。
海辺では、シャンプーの使用が出来ない所もありますので、最低限、髪についた海水だけは真水でしっかり洗い流し、塩分を取り除くようにしましょう。

②シャンプーでしっかり髪を洗う
シャンプーは、真水でよく塩分を流した後に行い、2度洗いをしましょう。
できれば海水の弱アルカリ性を除去するために、弱酸性のシャンプーを使うのが良いでしょう。

③トリートメントは塗布してから時間を置くようにする
塩素や紫外線によって髪のキューティクルが剥がれてしまっている可能性が高いので、トリートメントやヘアパックは大事!
すぐに流すのではなく、塗った状態で3分ほどじっくり置いてから洗い流すのが理想的です。

女性にとって髪の毛はとても大切。
いつでも美髪でいたいですよね!
夏にしてほしいスペシャルケア、是非試してみてください。

関連記事