夏バテ予防に! 夏野菜で夏バテ対策をしよう!

夏バテ予防に! 夏野菜で夏バテ対策をしよう!

夏は暑くて食欲がなくなってきますよね。
夏バテにならないために、夏のだるさや疲労回復に効果的な、夏バテ予防の野菜をご紹介致します。

夏野菜をとりましょう

夏も本番になると、体がだるい、食欲がない、やる気が起きない・・・などの夏バテの症状が出てくる方も多いのではないでしょうか。夏バテにならないためにも、普段の食生活から何を食べるかが非常に大切です。旬の夏野菜には、夏バテの予防や改善に有効な栄養素がありますので、しっかりとりいれていきたいですね。

夏野菜の夏バテ予防効果

【ゴーヤ(ニガウリ)】
夏バテ予防に一番の夏野菜。豊富に含まれるビタミンCはキャベツの2倍で、加熱しても壊れにくい特徴があります。また、苦味成分モモルデシンには血糖値や血圧を下げる作用、食欲を増進させる働きや調整作用があります。 

【トマト】
酸味のクエン酸やリンゴ酸が胃酸の分泌を促し、食欲を増進させる効果があります。赤い色に含まれるリコピンという色素には抗酸化作用が強く、ガンや老化予防だけでなく、メラニンの生成を抑え美白の効果も期待出来ます。

【キュウリ】
主成分の90%は水分ですが、ビタミンA・B群・Cや、ミネラル、食物繊維なども豊富に含んでいます。カリウムが豊富で利尿作用があるので、むくみ解消にも。また、体の熱を取り除く作用や、アルコール代謝を促す働きもあります。

【ピーマン】
ビタミンCやβ-カロテンが豊富。ピーマンのビタミンCは加熱に強く、β-カロテンは油と相性がよいので炒め物などにすると吸収されやすくなります。

【モロヘイヤ】
野菜の王様とも言われ、ビタミン、ミネラルなどが、他の野菜と比べてはるかに多く含まれており、疲労回復、美肌作用、貧血防止など様々な効果が期待できます。また、モロヘイヤのネバネバ成分ムチンには、糖分やコレステロールの吸収を抑える働きをはじめ、便秘改善、肥満予防などの効果があります。

【トウモロコシ】
食物繊維が多く、含有量は玄米と同じと言われています。ひげ根を干して煎じて飲むと利尿作用があると言われ、漢方薬にもなっています。

【オクラ】
オクラのネバネバ成分は、ガラクタンやペクチンなどの食物繊維によるもので、整腸作用やコレステロール低下作用があります。
また、ビタミンCやB1、鉄分も含むので、夏の体力増強に効果的です。

【枝豆】
枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンには、アルコールの分解を促し、肝機能を助ける働きがあるため、飲み過ぎや二日酔いの防止に効果的です。
また、枝豆には高血圧の原因となるナトリウム(塩分)の排出を助け、利尿作用を促すカリウムを多く含んでいるので、体内の水分を調整し、むくみ解消にも役立ちます。
関連キーワード

関連記事