お米の研ぎ汁洗顔×小麦粉パックで自宅でできる美白ケア

お米の研ぎ汁洗顔×小麦粉パックで自宅でできる美白ケア

紫外線による日焼けに悩んでいる方に、おすすめの自宅でできる美白ケアをご紹介! お米と小麦粉で白いキレイな肌を作りましょう。

お金をかけなくてもキレイな美白は作れる!

夏の女性のお悩みといえば“日焼け”ですよね。
気を付けてはいるものの、日中のお出かけなどで焼けてしまっていることが多々あります。

美白用のスキンケアを使っている方が多いと思いますが、それだけでは思うような白肌を維持するのは難しい…。

そんな時に自宅でスペシャルケアが出来たらいいと思いませんか?
今回は、そんな自宅でできる美白ケアをご紹介します。

捨てるのはもったいない!米の研ぎ汁が美白に繋がる!

肌が美白にならない理由は、古い角質がずっと残っているから。
そこで考えつくのがピーリングです。

しかしピーリングは肌がツルツルにはなりますが、それは新しい角質までも奪っているからで、 新しい角質を奪われた肌はとても危険な状態に…。
なぜなら、外からの刺激にとても弱くなってしまうからなんです。

そこでおすすめの角質ケアが、“米の研ぎ汁洗顔”です。
米の研ぎ汁は、古い角質だけを取って新しい角質を残すことができるピーリングなのです!
米のとぎ汁は「微粒子」の集まりなので、肌に優しい刺激を与えて古い角質だけ取ってくれます。

【米のとぎ汁洗顔の作り方】
1:米を3~5合用意して釜に入れる。
2:一度、水で手早く洗って水を切る。
3:水のない状態で米をもみ込む。(約3分)
4:米の量に応じて200~400ccの水を入れて混ぜる。
5:とろみのある洗顔料の完成。使うときはお湯で1.5倍薄める。

【米のとぎ汁洗顔のやり方】
1:顔全体を米のとぎ汁で洗う。
2:あごから額にかけて下から上へ洗う。摩擦を与えないように指の腹で優しく。
3:唇と口の周りをなでるように洗って終了!
美白ケア

美白パックは自家製の小麦粉パックで決まり!

長く紫外線を浴びてしまったら家でパックなどのスぺシャルケアをしてあげるのが肌にとても良いのをご存知でしょうか?

そんな時に使ってほしいのが“小麦粉パック”なんです。

小麦粉パックには美白に良いこんな理由があります。
①毛穴の汚れを吸引して除去する。
②肌のPHを弱酸性に整える。

毛穴に汚れが残ってしまう理由は、古い皮脂や角質がきれいに除去されず、ターンオーバーが乱れているから。

そこで小麦粉が持つ吸引力で毛穴に詰まった汚れを吸い取ることで、黒ずみが取れて美白を作ってくれるんです。

さらに肌のPHを「弱酸性」に保つことで肌に細菌が繁殖しにくくなり肌の炎症が予防できてしまうので、紫外線による肌荒れ予防にもなりますよ。

【小麦粉パックの作り方とやり方】
1:小麦粉をお皿に「大さじ2杯」を入れる。
2:少しずつ水を入れながら練っていく。
3:ペースト状になったら完成。
4:顔全体に均等に塗る。

唇、目の周り、眉には塗らないようにしてください。
そのまま20分ほどで小麦粉は固まってパックになり、指でさわって小麦粉が固まったら完了。あとは冷たい水でキレイに洗い流すだけでおしまいです。


参考になりましたでしょうか?
夏の紫外線は自宅でできる美白ケアで対処しましょう!

関連記事