流行りの眉毛がうまくかけない方必見! コレを使って悩み解決

流行りの眉毛がうまくかけない方必見! コレを使って悩み解決

眉毛ひとつで人の顔の印象は変わりますよね。でも、なかなか上手くかけずに失敗…なんて経験は誰にでもあるはず。苦労せずキレイな眉毛を描けるコツを大公開。

美人を作ろう! 眉毛を変えてイメージチェンジ

最近は様々な形の眉毛が流行っていますよね。
平行な眉毛、困り顔眉毛…など、すべて上手くかけたら、もっともっとメイクを楽しむこともできますよね!
しかし、いざかいてみるといつも通りの眉毛になってしまったり、うまくかけず失敗してなんどもやり直したり、失敗したままで1日調子が出ずに過ごしてしまったり…女性にとってメイクの悩みは尽きませんよね。
そんな時にご紹介するのがKATEのデザイニングアイブロウ。
では、実際どんな風に使いやすいのでしょうか?

ココがポイント! 使いやすさの秘密大公開

KATEのデザイニングアイブロウはペンシルではなく、ブラシタイプです。
しかも、2種類ブラシ(細・太)がついているので、様々なラインをかくことが可能に。
また、薄い眉、まばらな眉、短い眉、眉尻のない眉、細い眉、濃い眉…などどんな眉毛でも自由にキレイな眉毛をかくことができると評判です。
さらに、3種類のブラウンカラーで、微調節も可能に。
従来のペンシルタイプは落ちやすく、肌が乾燥していたりするとペン先が簡単に折れてしまいます。
また、色の発色も筆ペンタイプとは違ってムラができてしまいがちで、失敗の原因につながってしまう可能性も。
もし、今までアイブロウがうまくかけなかったという方は、ペンシルタイプから、ブラシタイプに変更してみるのも良いのかもしれません。

眉のタイプ別でキレイな眉毛をかいてみよう!

では、様々なタイプの眉毛にあった、アイブロウメイクを早速ご紹介していきます!

※アイブロウパウダーカラーは3種類あり、それぞれ濃いめ、普通、薄めブラウンです。

・薄い眉、まばらな眉

①細いブラシと普通ブラウンを使い、眉頭から眉尻までの一直線を引きます。(眉のない部分も色でかぶせます)
②太いブラシと濃いめ、普通のブラウンを混ぜ、①で引いたラインの間と全体になじませます。
③太いブラシと薄めのブラウンを使い、目頭から鼻筋まで少しぼかすように塗り、出来上がり!

・細い眉

①細いブラシと普通ブラウンを使い、眉毛下約2〜3mm(お好みで)のエリアに眉頭から眉尻まで一直線を引きます。
②細いブラシと濃いめ、普通ブラウンを使い、①でかいた部分をキレイに塗りつぶします。
③太いブラシと普通ブラウンで、目頭をしっかりとかいていきます。
④太いブラシと薄めのブラウンを使い、目頭から鼻筋まで少しぼかすように塗り、出来上がり!

・短い眉、眉尻のない眉

①細いブラシと普通ブラウンを使い、眉毛下約2〜3mm(お好みで)の太く、長めの眉を目頭から眉尻にむかって平行にかいていきます。
②細いブラシと濃いめ、普通ブラウンを使い①でかいた間をぼかすように埋めます。
③太いブラシと普通ブラウンで、目頭をしっかりとかいていきます。
④太いブラシと薄めのブラウンを使い、目頭から鼻筋まで少しぼかすように塗り、出来上がり!

・濃い眉、しっかりとした眉

①細いブラシと普通ブラウンで、眉を整えるように眉頭から眉尻まで自然な線でなぞる。
②細いブラシと濃いめ、普通ブラウンで、まばらな部分をうめていく。
③全体をぼかして出来上がり!
いかがでしょうか?
あなたはどの眉タイプでしたか?
ドラッグストアーやオンラインショップでも簡単に購入することができるので、眉毛がうまくかけずに悩んでいる方はぜひこちらでトライしてみましょう!
驚くほど簡単で、シンプルなのでビックリされる方も多いはず。
これからは眉毛を気分やシチュエーション別で変えてみたりし、もっとメイクを楽しみながら美人をつくりましょう!

関連記事