実は逆効果! 日焼け直後の美白化粧水

実は逆効果! 日焼け直後の美白化粧水

今まで、ヒリヒリ日焼け直後に美白化粧水をつけていませんでしたか? 実は日焼け直後の美白化粧水の使用はNGだったんです! さて、その理由を解説していきます。

日焼け直後の美白化粧水の使用はNG

気をつけていても、うっかり日焼けをしてしまうこの季節。黒くなったり、シミになるのが嫌だからと、ヒリヒリする日焼け直後に美白化粧水を使用していた人は多いでしょう。しかし、日焼け直後から美白化粧水を使用することは、実はお肌にとって逆効果なのです。
とにかく日焼け直後の肌はデリケート。何でもやりすぎはNGです。美白アイテムには、ビタミンCが配合されている物が多く、弱ったお肌には刺激が強すぎます。日焼けはお肌の火傷です。美白したい気持ちはあると思いますが、まずはお肌がヒリヒリしたり赤みなどの炎症が治まってから使用するようにしましょう。

その他日焼け後のNGなアフターケア

①念入りなパッティング
日焼け後のお肌は、ダメージを受けバリア機能が低下しています。保湿することは、とても重要ですが、コットンなどで念入りにパッティングすることは、お肌のバリア機能をより低下させる原因になり、お肌の水分をどんどん蒸発させてしまい乾燥を招きます。
お肌に負担をかけないよう、優しくケアするようにしましょう。

②シートマスクの使用
日焼け後は、保湿が重要なので、シートマスクを使用する人も多いですが、美白アイテム同様、ダメージを受けているお肌には美容成分も刺激になって炎症を起こす場合があります。保湿をしたい場合は、刺激の少ない化粧水をしみこませたコットンでパックするようにしましょう。

日焼け後の正しいアフターケア

①とにかく冷やす
日焼けは、お肌の火傷なので、まずは冷やすことが大切です。火照りをとって、しっかりとお肌をクールダウンさせましょう。
ただし、氷を肌に直接当てるのは、さらにお肌の乾燥を招くので、冷たいタオルで冷やしたり、保冷剤をタオルに巻いて、お肌を冷やしてください。

②低刺激の化粧水で保湿
美白化粧水ではなく、なるべく刺激の少ない使い慣れた化粧水でたっぷり保湿しましょう。日焼け後のお肌は非常に乾燥しているので、水分を与えることが大切です。化粧水を冷蔵後で冷やしておくのも効果的です。

③美白
火照りやヒリヒリ、赤みが消えてから、美白化粧水を使い始めましょう。美白化粧水に含まれるビタミンCなどの美白成分は、メラニン生成を抑制するので、お肌の状態がよくなってからは、たっぷりと念入りに使用してください。

④内側からのケア
日焼け直後からでもできるのが、体の内側からのケアです。日焼け直後からメラニン生成は始まっているので、美白効果のあるビタミンCや、ターンオーバーを促進するビタミンA、Eを含む食材やサプリメントを積極的に摂取しましょう。緑黄色野菜は、ビタミンC、Aを含むものが多いのでオススメです。
日焼け直後に、美白化粧水をつけてない?

関連記事