コスメやスキンケアなどの消費期限、知っていますか?

コスメやスキンケアなどの消費期限、知っていますか?

ポーチや収納ボックスの中に、「あれ、これいつ買ったかな?」という古い化粧品はありませんか? 使用期限を過ぎたものを使うと、さまざまなお肌のトラブルのもとに…。

コスメ、スキンケア製品にも消費期限はあるんです!

ついつい新商品が出るたびに新しく買い足して、中途半端に使いかけのアイテムがあったり、「来シーズンまた使おう」と眠らせていたアイテムを引っ張り出して使用していませんか?

実は化粧品やスキンケア用品にも消費期限があります。知らずに長期間保管されて古くなったアイテムを使うと、成分が酸化していたり細菌が繁殖していて、肌荒れやニキビ、色素沈着などさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるんです。

それぞれの消費期限はメーカーによっても異なりますが、一般的に知られている期限をご紹介しましょう。

アイテム別! 一般的な消費期限

【スキンケアアイテム】
洗顔料・クレンジング  1年まで
化粧水・乳液・美容液  2~3か月

一度開封してしまった化粧水は、保管の状態次第では、品質がかわってしまっている可能性があります。
また、細菌や雑菌も繁殖しやすいので、化粧水は手で無くコットンを使ったり、クリームはスパチュラを使って手に取る、使用後は蓋をきっちりと閉める、などを徹底しましょう。

【コスメ】
ベースメイク  1年まで
フェイスパウダー 2年まで
アイシャドウや口紅  1年半~2年
マスカラ  2~3ヶ月

スキンケア用品と比べるとコスメの消費期限は長く、1年半~2年で使い切るのがベスト。

水分を多く含んでいるものほど雑菌が繁殖しやすくなるので、同じファンデーションやコンシーラーでも、リキッドやクリームタイプのものは、早めに使い切るようにしましょう。

また、マスカラは他のコスメと違い消費期限が短いので要注意です。
まつ毛や粘膜に触れたブラシを出し入れする度に、容器の中の雑菌は繁殖し、不衛生な状態に…。
目の充血やかゆみ、結膜炎やものもらいなどの原因にもなってしまうので、マスカラは2~3ヶ月で使いきるのがベストです。

古くなった化粧品の使用は肌トラブルの元凶。
美肌のためにも消費期限を守り、上手に使い切るようにしましょう!

関連記事