その体調不良、もしかして…? 夏バテの症状と予防・対処方法

その体調不良、もしかして…? 夏バテの症状と予防・対処方法

最近なんだか体がだるい、食欲がないなど体調が悪くなっていませんか? もしかしたらそれは夏バテかもしれません。夏バテの症状、予防・対処法について解説していきます。

夏バテとは?

私たちの体は、日本の夏のような高温多湿な状況下に置かれると、体温を一定に保とうとし、必要以上のエネルギーを消費して体に負担がかかってきます。
大半の場合は、その負担に耐える事ができますが、過度に負担がかかったり、毎日続いたりすると、その暑さに対応できなくなる事があります。体に溜まった熱を外に放出する事ができなくなり、熱がでたり、だるくなって胃腸の働きが弱まったりします。このように体が限界な状態になる事を、「夏バテ」と言います。

夏バテの原因

①自律神経の不調
猛暑の屋外から、エアコンでキンキンに冷えた室内に戻るなど、急激な温度変化が何度も続くと、体力を消耗し夏バテの原因になります。さらに、冷房の効きすぎた部屋にずっといることも、体にはストレスとなり、自律神経がうまく働かなくなります。その上、自律神経の不調が胃腸の不調や、全身のだるさ、食欲不振、頭痛も招き、夏バテを引き起こします。

②水分不足
人間は、体の中から熱を放出するために汗をかきます。うまく汗をかいて、熱を放出しないと、体が高温状態となり体に不調をきたしてしまうのです。
日本の夏では、軽作業でも1日2〜3リットルの汗をかくので、汗をかくにはその元となる水が必要です。これを補うだけの水分補給をしないと、頭痛、鼻水、むくみなどが起こり、ひどい場合には下痢や嘔吐の症状がでることもあります。

③胃腸の働きの悪化
外が暑く体の中の温度が高くなると、胃腸への血流が少なくなります。また、沢山あせをかくと、体内の塩分が不足し、胃酸が減少します。このような状態で、冷たい飲み物を大量に摂取すると、胃をこわしたり、下痢をしたり、胃腸の温度が低下して消化器官内の消化酵素の働きも低下していきます。
さらに、自律神経の不調により胃腸の働きも落ちるので、体力も落ち、疲れもたまり、ますます自律神経の働きが低下していきます。

④睡眠不足
夜間でも気温が高い熱帯夜では、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなり睡眠不足に陥ります。日中の疲労を睡眠によって回復することができない状態になり、疲れがたまり夏バテを引き起こします。
夏バテ

夏バテの症状

①だるさと疲労感
夏バテの代表的な症状は、全身のだるさと疲労感。なんだか体がだるく、疲れが取れない日々が続きます。暑さによる睡眠不足も、さらにだるさと疲労感を募らせます。

②食欲不振
自律神経の不調で、消化機能も低下するので、食欲不振になります。体に必要なエネルギーやビタミンが不足し、だるさや疲労感が増したり、無気力になったりします。

夏バテの予防法

①栄養価の高いものを食べる
食欲不振になる分、量より質の高い食事を摂るとよいでしょう。疲労回復には、玄米、豚肉、うなぎ、豆類、ネギ、山芋などの良質なタンパク質、高エネルギー、高ビタミンの食材が効果的です。

②エアコンや服などで調節する
室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなるので、エアコンの温度はこまめに調節しましょう。エアコンの温度が調節できない時は、エアコンの風が直接当たらないようにしたり、上着を羽織るなど、自分で体温調節するとよいでしょう。

③睡眠
疲れを溜めないことが、夏バテの一番の予防法。早めに寝るように意識して睡眠時間をしっかり確保しましょう。寝る30分〜1時間前に、ぬるめのお風呂につかり、寝苦しい場合は、氷枕を使用すると、寝つきが良くなり、さらには良質な睡眠ができます。

夏バテの対処法

①食事の工夫とツボの刺激
食欲がない時は、辛いものや酸味のあるものなど、食欲増進、疲労回復効果のあるものを食べるなど工夫するとよいでしょう。
お風呂に入った時に、湧泉のツボ(足の裏の人差し指と中指の骨の間のすこし窪んだところ)を押すと、自律神経の働きが高まり、疲れが早く取り除けます。

②市販されているサプリメント等でビタミンを補給する
食事で必要な栄養素が摂取できなかったり、疲労感が取れない場合は、 ビタミンB1、B6、B12が配合されたサプリメントやドリンクを飲んでみるとよいでしょう。

③病院に行く
症状が重くてつらい時や、あまりにも長期間続く場合は、何か重い疾患がある可能性もあるので、きちんと病院で診察を受けるようにしましょう。

関連記事