「食べる○○」と言われるローズヒップティー!嬉しい効果と飲み方

「食べる○○」と言われるローズヒップティー!嬉しい効果と飲み方

様々な効果や効能が期待できるローズヒップティーは「食べる○○」と言われています。ローズヒップに含まれるビタミンCはレモンの20倍!美肌効果も期待できるので多くの女性の注目を集めています。シミやしわ、くすみの原因になる紫外線対策にも有効です!

ローズヒップに含まれるビタミンCはレモンの20倍!

ローズヒップティーで紫外線対策!
今「食べる日焼け止め」として女性の注目を集めているのが、ローズヒップです。その理由は、ローズヒップに豊富に含まれているビタミンCにあります。なんと、ローズヒップにはレモンの20倍のビタミンCが含まれているのです!

ビタミンCには、日焼けやシミの元になる色素メラニンの生成を抑えてくれ、すでにできてしまったメラニンを漂白してくれる働きがあります。そのほか、コラーゲンの生成を促進する効果もあるため、同時に美肌効果も期待できちゃいます。夏場はたっぷり摂りたい栄養素というわけですね。

その他の対紫外線成分もたっぷり

ローズヒップといえばそのビタミンCばかりに注目しがちですが、実はその他にも紫外線に有効な成分が含まれていることを覚えておきましょう。

●ビタミンA(βカロテン):トマトの17倍
●ビタミンE:玄米の14倍
●リコピン:トマトの7倍
●ビタミンP:かんきつ類の果肉を包む白い筋に含まれる

紫外線を浴びると、シミやしわ、くすみの原因になる活性酸素が生成されます。ビタミンA、E、リコピンは、活性酸素の生成を防いでくれる抗酸化作用が高く、それらの肌トラブルを防いでくれる働きがあるんです。日焼けを防ぐだけではなく、若々しい美肌を保ってくれる効果も期待できてしまうというわけ。

さらに、ビタミンP(ポリフェノールの一種)には驚きの効果が。なんと、ビタミンPはビタミンCの働きを1.5倍に促進してくれるんです。他の食べ物で同じ量のビタミンCを摂るより効率的ですね。

ローズヒップティーで手軽に美白

このように、身体の内側から紫外線をカットしてくれるローズヒップ。手軽に摂取するにはローズヒップティーがおすすめです。氷を入れてアイスティーにするもよし、ホットで代謝UPを狙うもよし、気分に応じて好きな飲み方を選んでOKです。

ローズヒップティーは、朝飲むことでその日浴びる紫外線からお肌を守ってくれます。ビタミンCが含まれるレモンやグレープフルーツ等のかんきつ類には、紫外線に当たるとシミになりやすい成分も含まれているので、お出かけ前に食べるのはNGなんです。その点も嬉しいですね!それに加えて、夜もローズヒップティーを1杯飲んで寝れば完璧です。

余すことなくローズヒップの成分を摂りたいのであれば、お茶を飲み終わったらローズヒップの実まで食べましょう。個人的には、はちみつをかけて食べるのがお気に入りです。私はティーバッグ派なので、使用後のティーバッグを冷凍庫に保管しておいて何個か溜まったら一度に実を食べています。ぜひお試しあれ!

関連記事