今更聞けない! 硬水と軟水の違い、語れますか?

今更聞けない! 硬水と軟水の違い、語れますか?

よく耳にする硬水と軟水という言葉。でも、実際それぞれがどういう性質のお水なのか、きちんと理解している人は少ないはず。それぞれの良さを知ればもっと効果的!

硬水と軟水は何で分けるの?

それぞれの国によって 微妙に差はあるのですが、一般的に、硬水と軟水の違いは、1リットル中に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量(硬度)によって分けられています。
日本では、
・硬度が100mg/L以上:硬水
・硬度が100mg/L未満:軟水
としています。
また、100〜300mg/Lを中硬水、1000mg/L以上を超硬水と呼ぶこともあります。
ではそれぞれの健康効果を見てみましょう。

硬水の健康効果

硬水は、主にヨーロッパの天然水に多いとされています。
硬度が高くなればなるほど、ミネラルの含有量が増え、そのためミネラル独特の苦味などが混ざって、クセを感じることが多いのが特徴です。

硬水は特に【便秘の解消】や【ダイエット】に向いています。
硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムは、腸の蠕動活動を活発にし、かつ、便を柔らかくしてくれる働きがあるので、排便を促し、スムーズな便通を叶えてくれるのです。
また、ダイエットに関しては、硬水自体にダイエット効果がある、というよりは、ダイエット中に不足しがちなミネラルの補給に役立つ、という観点からダイエット中の水分補給に硬水が良い、と言われています。
ただ、硬水に多量に含まれるカルシウム成分には、脂肪の燃焼を促進し、体内での脂肪の吸収を抑える、と言われているので、硬度の高い水を飲むことでダイエット効果が期待出来るかもしれません。

軟水の健康効果

日本の天然水は軟水が多いとされています。
ミネラルの含有量が少ないので、軟水は口当たりがよく飲みやすいのが特徴です。また、お茶や料理などの味も邪魔しないので、食材の風味が増すと言われています。

健康面では、気軽にたくさん飲むことが出来るので、体内の老廃物の排出であったり、汗となって体外に出ることで、体温調節に役立ったりと主に体の循環面で効果を発揮してくれます。
なので、軟水をたくさん飲むことで、血行も促進され、肌の瑞々しさや、疲労回復にも役立ちます。

普段の飲料水としては、軟水の方が日本人の口にも合っているのでオススメです。

市販されている飲料水に硬度が記されている場合が多いので、確認してみましょう。
硬水と軟水の違いとは?
関連キーワード

関連記事