彼と迎える朝もこれで心配ない! 簡単にできる寝起きの口臭ケア

彼と迎える朝もこれで心配ない! 簡単にできる寝起きの口臭ケア

寝起きは口の中がねばついていたり、嫌な臭いがすることがありますよね。でもこれを知ったら彼と一緒に寝るのも怖くない! そんな口臭ケアをご紹介します。

脱口臭!爽やかな息で爽やかな朝を迎えよう

誰もが気になる“寝起きの口臭”。
起きている時は特に気にならないのに、寝起きの口臭ってとても嫌ですよね。
しかも、彼と寝ている時に一度起きて歯磨きをして戻ってくるなんて興ざめです。

ではいったいどうしたらいいのでしょうか。
もはやどうしようもないと諦めていませんか?
それは間違いです!
正しい定期的な口臭ケアが、寝起きの口臭を防いでくれますよ。
あなたも彼と爽やかな朝を迎えましょう。

習慣化させて欲しい7個の口臭ケア

意外と知らない定期的にした方がいい口臭ケア。
毎日の積み重ねが、あなたの爽やかな息を作ってくれるんです!

①寝る前に歯磨きをしない or 歯磨きが5分以下
歯磨きをしないのは論外ですが、寝る前は必ず5分以上かけて丁寧に磨くようにして。

②糸ようじや歯間ブラシを使っていない
歯ブラシでは除去できていなかった食べカスが歯の間に挟まっている場合があり、それが口臭の原因になる。

③舌の掃除をしていない
舌に白い汚れ”舌苔(ぜつたい)”は口臭の大きな原因の1つ。
ですから、舌専用の歯ブラシを使って定期的に磨くように心がけて。

④睡眠中の口呼吸
寝ている時の口呼吸は口の中の乾燥を増長させる。鼻炎などが原因で口呼吸になっている方は、耳鼻科などで診察してもらおう。

⑤過度なタバコ・お酒
タバコに含まれるニコチンは口臭の原因と言われている。また、お酒も口の中の渇きを増長させる。ですから、寝る前はほどほどにするのがベスト。

⑥定期的に歯医者さんに通院する
これをしている人が意外と少ない。何か歯に異常がなくても、3か月に1回は定期的に歯の掃除やメンテナンスで通院するようにしよう。

⑦ストレスを感じている
ストレスが溜まっていると、口の中の唾液が少なくなる。就寝前の1杯の水で対策をしよう。
寝起きの口臭ケア

寝起きのキスも夢じゃない!寝る前のスペシャルケアが大切

【30秒で出来る! 重曹水でうがいをしよう】
重曹でうがいすることで、口の中の殺菌効果があります。
また、消臭効果も得られるので口の中の違和感の解消につながります。

<重曹水の作り方>
①ティー・スプーン1杯(3g)の重曹を500mlのペットボトルに入れて、水を口まで注ぎ、振って溶かす。
②重曹がきれいに溶けるまで混ぜる。
 重曹には防腐作用があるため、数日であれば作り置きしても問題ない。

※重曹を使用する際の注意点※
・重曹うがいには食用の重曹を使う
・高濃度すぎると粘膜を痛めてしまうので、内頬に違和感があれば薄めるなどして加減して
・重曹は摂取し過ぎると塩分の取り過ぎになってしまうので注意が必要


今回ご紹介した、定期的な口臭ケアとスぺシャルケアで彼と一緒に過ごす朝も気持ちよく迎えることができますよ!
是非、参考にしてみてください。

関連記事