007 川島屋百貨店 小千谷縮×NUNO ストール

小千谷縮×NUNO ストール

ストールやスカーフといった布ものが大好きで、寝室には専用の小さな箪笥が置いてあります。四季折々に活躍してくれるアイテムで、一年中重宝しているのです。
川島屋百貨店

小千谷縮×NUNO

ストール

小千谷縮×NUNO ストール
暑い季節もストールは手放せません。強い陽射しの街中でタクシーに乗ると、思いのほか冷房が効いていて、膝をストールで覆う。長いミーティングを冷房の中で過ごすと、肩が冷えてきてストールをまとう。一枚の薄い布が、身体の冷えを守ってくれます。

一方、ストール一枚で、装いの雰囲気が変わるのも楽しみのひとつ。首元にくるりと巻くだけで、華やかさや優雅さが加わります。

そんな中から今回選んだのは、夏から秋口に向けて活躍するストール。新潟県の小千谷縮で作られたものです。小千谷縮は、緯糸に強い撚りをかけて織った麻の織物。極細の糸を丁寧に織り上げてあって、微妙な透け感が見た目に涼やか。少し凹凸のあるさらりとした触感が心地よい布です。家で水洗いできるのも便利です。

小千谷で江戸時代より織物を扱っている西脇商店が、テキスタイルデザイナーの須藤玲子さんと作った「縮ストール」は、上質な小千谷縮をパッチワークのように組み合わせた上品な佇まい。
ポイント使いで付いている立体的なレースもチャーミングです。レースの位置をどこに持っていこうかと、あれこれ巻き方、羽織り方を工夫してみるのも楽しいひととき。

少しだけ肌寒いと感じた時には温もりを、じとじとした気分の時にはさらりと爽やかさを。ストールひとつで、装う気分が随分と変わるものと感心させられます。

張りがあって少し光沢のある素材なので、カジュアルだけでなく、少しフォーマルな装いやキモノにも似合いそうと、想像が膨らんでいきます。
小千谷縮×NUNO ストール
価格:15,500円
問い合わせ先:
株式会社 布
TEL 03-3582-7997
株式会社 西脇商店
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。