アルガンオイル、椿油、馬油、定番オイルをブースターに!

アルガンオイル、椿油、馬油…定番オイルをブースターに!

「薬局で安く手に入るけど、天然オイルの効能って?」「つけた後、ベタベタしない?」再び見直されている天然オイルの知って得する情報をレクチャー!

大ブレイク中!天然オイルの本当の使い方って¡?

究極のアンチエイジングオイルとして密かなブームを呼んでいる、モロッコ産のアルガンオイル(アルガンの実から採油される)、オレイン酸を約85%も含む椿油、中国の漢方薬の1つで馬のたてがみや皮脂脂肪層から採取できる馬油…

今再び、これらの天然オイルたちの効能が見直されています。 
これらの天然オイルは、殺菌効果があり、肌を柔らかくふっくらさせるサポニン、肌の老化を防ぐビタミンE、肌の潤いを閉じ込める脂肪酸が豊富に含まれ、ヘアケアだけでなく、手軽に手に入るスキンケア用品として、今大ブレイクしているのです! 

そこで、「名前は聞いたことがあるけど、どうやって使うのかイマイチわからない」「オイルってベタベタしない?」というオイル初心者さんに、正しいオイルの使い方をレクチャー!

基本的に、オイルはブースター(効果を高める導入液)だと考えて下さい。
顔にオイルを塗っただけでケアした気になり、そのまま放置していると、逆に乾燥してしまうことも…。
これでは、せっかくケアしても水の泡!となってしまいます。
好みのオイルを塗ったあとは、必ず化粧水→乳液→美容液を導入します。
オイルを塗ってから美容液を入れると、さらに伸びやすく、肌にグングン浸透していくのがよくわかるはず。
アルガンオイル、椿油、馬油…定番オイルをブースターに!
天然オイルは、スキンケアや傷んだ髪のケアだけでなく、お風呂に数滴たらすと、身体全体の保湿効果もUP!
アトピーやニキビの治療薬としても使われこともあるので、トラブル肌の方にもおすすめですよ♪ 

いくら優れた化粧水や美容液を使っていても、肌の角質が硬いままだと美容液をシャットアウトしてしまいます。まずは肌を柔らかくしてから浸透させなければ、どんなに高い美容液を使ってもまるで意味がありません。

ぜひ好みのオイルを購入し、軽くオイルマッサージをしてから美容液や水分補給を! これだけで、あなたのお肌は格段に違ってくるはずです♪

関連記事