朝の〇〇は危険! 食後に紫外線を浴びると日焼けを招く食材とは

朝の〇〇は危険! 食後に紫外線を浴びると日焼けを招く食材とは

食後に紫外線を浴びると、日焼けしやすくなってしまう食品があるのをご存知ですか?朝食のメニューに気を付けて、日焼けしにくい体を作りましょう!

紫外線をどんどん吸収!ソラレンに注意

日焼けを防ぐと言われる成分としてはビタミンCが有名ですね。夏場は、特に意識してビタミンCを含む果物や野菜を摂取している女性も多いと思います。しかし、その中には光毒性物質である「ソラレン」が含まれているものがあるので注意が必要です。

光毒性物質とは、光を浴びることで活性化してお肌にダメージを与える物質です。ソラレンには紫外線を吸収する性質があるため、お肌の紫外線に対する感受性を強めてしまいます。つまり、日焼けしやすくなってしまうのです。いくら日焼け止めを塗っても、ソラレンをたくさん摂取していればお肌はみるみる焼けていきます。

ソラレンを多く含む食品

以下の食品には、ソラレンが多く含まれています。
●かんきつ類:オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライム等
●キウイ
●いちじく
●きゅうり
●じゃがいも
●香りの強い野菜(セロリ、春菊、しそ、みつば、野沢菜)
●香りの強いハーブ類(パセリ、パクチー、コリアンダー、ディル等)

オレンジやグレープフルーツは、朝食にジュースを飲んでいる人もいるのではないでしょうか。グリーンスムージーを作って飲んでいる人は、その他の野菜にも注意が必要です。

ソラレンの効果は強力

ソラレンは、食後2時間ほどで効果を発揮し7時間ほど続きます。朝7時にこれらの食品を食べると、10時~夕方の5時までの間日焼けしやすくなってしまうんです!恐ろしい…。裏を返せば、夕方~夜に摂取する分には問題ないということ。朝食やランチで食べるのは控えるようにしましょう。

朝食にはこれを食べよう!

朝食には、ソラレンが少ない果物や野菜を食べるようにしましょう。
ソラレンが少ない果物・野菜
●りんご
●すいか
●バナナ
●いちご
●桃
●ぶどう
●根菜(大根、ごぼう、にんじん、かぶ)
●かぼちゃ
●ネギ
●レタス
●キャベツ
●トマト

こうして見てみると、結構ありますね。特に、トマトは朝食におすすめの野菜です。メラニン色素の生成を抑えるリコピンが多く含まれているので、美白効果が期待できます。

朝食にソラレンをとってしまったら…

もし、ソラレンを多く含む食べ物を食べてしまった場合には日焼け対策を厳重に。日焼け止めだけでなく、日傘やUV対応の上着等で紫外線を徹底的にブロックしましょう。

関連記事