キレイな白肌を守るための紫外線と目の関係性とは

キレイな白肌を守るための紫外線と目の関係性とは

紫外線が強い季節、肌は守っているけれど目はそのまま。そんな人が多いのではないでしょうか。でも目だって保護してほしい! なぜなら紫外線と目には関係があるんです。
Sao

紫外線対策に!365日サングラス生活を推奨!

目の色が薄い外国人は、365日いつでもサングラスをかけて外出していますよね。
ご存知かもしれませんが、目が黒い日本人に比べて、目の色が薄い外国人は紫外線が強い季節になると眩しいからです。

だからといって目が黒い日本人はサングラスは必要ないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。

日本人だってサングラスをかけて外出したほうが色々なメリットがあります。
肌のように日焼け止めを塗れない目は、いつだって紫外線の危機に晒されているんです!

そんな紫外線から目を守ってくれるのがサングラス。
是非、今回ご紹介する紫外線と目の関係を参考にして頂き、サングラスの重要性を知って頂きたいと思います。

目からも日焼けする?! 紫外線による目への影響

前述したように、肌と違って日焼け止め等で守ることのできない目。
でも確実に肌と同じように目も日焼けをしています。

まずは、目だって日焼けをするとこんなダメージがあるということをご紹介。

①充血する
②異物感を感じるようになる
③涙が止まらない
④瞼が開けられなくなる
⑤乾燥する

これらは紫外線を長く浴びたときに見られる症状で、数時間から数日間続くことも。
また、長期に渡って目の水晶体に紫外線が蓄積されると、水晶体が老化し、白内障の原因となってしまうこともあります。

そして、女性には必ず知っていて欲しいのが、目が日焼けしていると肌も日焼けをするということ。
実は、角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ」という指令が出されるのです。
ですから、いくら肌のUVケアをしていても、目が無防備なままだとその効果は半減します。
目と紫外線の関係

紫外線から目を守る一番の味方がサングラス

上記のような理由で、サングラスをかけることが目にも肌にもとてもいいんです。
ですから、平日の通勤時や休日の外出時など、いつでもサングラスをかけるように心がけてください。

最近では、いろいろな形のサングラスが発売され、自分に似合うものを選ぶこともできますし、価格もお手頃なものがたくさんあります。
サングラスを買う時の注意点は、紫外線ブロック加工がされているかどうか。
これだけです!
ファッション感覚で楽しみつつ、紫外線対策もしていきましょう!

関連記事