紫外線だけじゃない! 意外なシミの原因とは

紫外線だけじゃない! 意外なシミの原因とは

紫外線対策を万全にしているのになかなか消えないシミ。
実は意外なモノがシミの原因になっていたんです!
あなたのシミの原因とは?!
Sao

紫外線対策と一緒に知っておきたいシミの原因になることとは

シミのない肌を作るために女性たちは、紫外線対策に日々努めています。
外出するときは日傘をさし、手袋をしたり長そでを着たり、日焼け止めを塗るのは常識だし、スキンケアは美白専用のものを使用する。
しかし、これだけしていてもシミがなかなか消えないのはどうしてでしょう?

実は、シミには紫外線以外にも原因となるモノがあるからなんです!
人によっては紫外線よりも他のことが原因になってシミを作っている場合もあります。
根本からシミを消したいと思っている方、そんな原因たちを知って本当の白い肌を作っていきましょう!

メイクがシミを作っている?!肌にダメなこととは

顔の中で、シミができやすいところってどこでしょうか?
それは頬の辺りです。

その原因は、紫外線ではなくチークブラシの摩擦によるものかもしれません。
実は、摩擦が多いところは、肌を守るという指令が脳に働くことがあり、メラニンが作られやすい状態になっていることがあるんです。
それと同じことがまぶたや唇にも言え、色素沈着かと思っていたらシミだったなんてことがあります。

ですから摩擦によるシミを作らないように、メイクブラシは柔らかくて上質なものを選び、力を抜いて優しくなでるようにメイクするように心がけましょう。

古くなった化粧品はNG!メラニンを生成する理由とは

部屋の整理をしているとほぼ未使用の化粧品やスキンケア商品が出てくることがありますよね!
「もったいない」と思って使っている人もいるかもしれませんが、それは絶対にダメ!

スキンケア商品は開封後半年、化粧品(チークなどの乾燥しているもの)は2年など、メーカーや商品によっても違いますが、各々使用期限というものがあり、期限後の使用は控えてください。
なぜなら、使用期限を過ぎたものは含まれる油が酸化したり、細菌が発生していたりしてそれが肌を刺激してメラニンを生成してしまうのです。

もったいないと思っても、期限が過ぎているものは捨ててしまいましょう!
シミを作る意外なモノ

野菜好きは注意!紫外線が影響してメラニンを作る野菜とは

世の中が健康志向になり、野菜をたくさん食べる人が増えていますよね!
しかし、紫外線にあたる前に食べないほうが良いといわれている野菜があることをご存知ですか?

それは、パセリやセロリ、春菊などの「セリ科」の野菜。
これらの野菜を食べた後は紫外線に敏感な状態となり、メラニンができやすくなるといわれているんです。
ですから、紫外線を浴びるとわかっている日は意識的に避けるようにしましょう!

関連記事