肌のくすみが気になる…!タイプ別でみる5つの大きな原因と対策は?

肌のくすみが気になる…!タイプ別でみる5つの大きな原因と対策は?

肌のくすみの原因を知り、対策をしていますか?目の周りや目の下、唇など、意外なところに潜む「くすみ」。タイプ別でみる大きな5つの原因を知って今日からくすみを改善しましょう。くすみのないワントーン明るい肌色を目指しませんか?

くすみのない明るい肌色は、表情まで若返らせてくれる

年齢を重ねると肌のお悩みも増えてきますが、肌のくすみもその一つ。
若いころは全然気にしていなかったのに、夕方になると肌色が暗くなったり、肌の色は本来は白いはずなのになんとなく黒ずんでいたり…。

では、肌のくすみの原因は何にあるのでしょうか?
そして原因に合わせた対策をし、ワントーン明るい肌色を目指していきましょう!
肌のくすみ

肌のくすみの5つの大きな原因と対策

①老化(エイジング)によるくすみ
前述していますが、老化や加齢は肌のくすみの原因になります。
老化というのは、40代、50代から起こるわけではありません。
肌に関しては、もう20代から老化が始まっていると考えた方がいいでしょう。
エイジングによるくすみは、年齢とともに黄ばんだ感じになるのが特徴です。

【対策】
アンチエイジング効果のあるスキンケアアイテムを常用するようにしましょう!
また、トマトなどの抗酸化作用がある食材を摂りいれるのも効果的です。

②メラニンによるくすみ
紫外線の影響で皮膚にダメージを受けて、メラニンが作られます。
メラニンは、表皮の表面に現れるシミやソバカスの原因としても知られていますね。
そして、シミといったはっきりと色のついた状態ではなくても、メラニンがまだ表皮の表面に現れていないと、なんとなく肌がくすんだ感じになることがあります。

【対策】
夏はもちろんですが、オールシーズン紫外線対策をしっかりしていきましょう!
外出時には日焼け止め、帽子、長そで、サングラスはマストです。
また、ハイドロキノンなどのスぺシャルケアもおすすめ。

③血行不良によるくすみ
冷え症の方は注意してください!
冷えに代表される血行不良は、肌の末端である毛細血管に充分栄養が行き渡らず、気付いたらどんよりとくすんだ感じになっていることがあります。

【対策】
顔のマッサージを定期的に行ったり、半身浴をするなど血行促進を心がけましょう。
運動不足の場合も血行が悪くなりますので、定期的な運動もおすすめです。

④古い角質によるくすみ
「しっかり保湿しているのに、肌がカサカサ」「スキンケアしているのに、ファンデーションの乗りが悪い」そんなときは、古い角質が肌にたまっている可能性があります。

【対策】
普段のスキンケアに、角質ケアも取り入れる必要があります。
注意して欲しいのが、ピーリングは肌への負担が大きい場合がありますので、1週間に1回程度を目安に。

⑤毛穴の汚れによるくすみ
毛穴に落としきれなかったメイクが残っていたり、汚れや皮脂が詰まって黒ずむことがあります。イチゴ鼻だったり、Tゾーン、Uゾーンは肌のトーンが暗くなっている場合があるので気を付けて。

【対策】
泡で優しく包み込むように洗顔しましょう。
それでも毛穴の汚れが取れない場合は、毛穴黒ずみパックもおすすめですが、使用後はきちんと保湿をしてケアを大切に。

関連記事