夏はヘアケアを入念に!髪のパサつきは紫外線が原因

夏はヘアケアを入念に!髪のパサつきは紫外線が原因

「トリートメントもしてるし、きちんとヘアケアしているつもりなのに、なんでこんなにパサつくんだろう…」なんて最近おもったりしませんか?原因は紫外線なんです!

紫外線は全身の美容の大敵!

海、山、キャンプ、リゾート、夏祭り、フェス…楽しいイベントが盛りだくさんの夏ですが、実はこの季節、髪の毛が最も傷む時期なんです。その原因は紫外線。「紫外線はお肌の美容の大敵!」というのはよく聞く話にはなり、すっかりその害はあたりまえになりましたが、実は髪の毛にも様々なダメージをを及ぼすものなのです。
紫外線を浴びると、キューティクルが損傷し、ツヤがなくなり、パサつき、ごわつきを感じるようになります。さらにはカラーの退色、変色などを感じると、かなりのレベルでダメージが進行しています!
キューティクルは髪の毛の一番外側を覆っている部分で、髪を保護しツヤを出す役割を担っています。ここが破壊されると中に詰まった水分やタンパク質など髪の栄養や、せっかくカラーリングした色素までもが流出してしまうのです。

髪を紫外線から守る三種の神器

一度ダメージを受けた髪の毛を再生させるのはなかなか大変なもの。カラーもせっかく夏色にしたのにすぐに落ちてしまってはもったいないですよね。
髪を紫外線から守るために、帽子、紫外線予防スプレー、トリートメントの三種の神器で徹底的に防御しましょう。
夏におすすめなのがパナマ帽。とにかく紫外線は浴びないことが大切なので、まずは帽子でガードします。大人のストローハットは海にも山にも都会にも似合うのでひとつは持っておきたいです。さらにボディ用の紫外線スプレーを髪にもON。ヘアケア専用の高価なものでなくても、ボディ用のUVスプレーが実は髪にもOKなことが多いので、チェックしてみて下さい。さらにアウトドアな日の朝のスタイリングでは洗い流さないトリートメントでキューティクルの荒れやひび割れを整え、たっぷり髪に付けてまとめると、海水の塩分やプールの塩素から髪の毛を保護してくれます。
夏の日差しに負けずにツヤツヤサラサラの髪を手に入れましょう!
関連キーワード

関連記事