パワーストーンで美肌作り?「かっさマッサージ」でスッキリ小顔

パワーストーンで美肌作り?「かっさマッサージ」でスッキリ小顔

寒い季節は運動不足から、顔や体がむくみがち。そんなむくみを取り、血流を促すのにオススメなのが「かっさマッサージ」です。

かっさマッサージで夏の肌ダメージをしっかり流して、キュッと小顔に

ここ数年、日本でもブームになった「かっさマッサージ」ですが、中国語で「刮沙(かっさ)」の「刮」は「こする」、「沙」には「血液の解毒」という意味があります。

「かっさ板」という石の板を使って皮膚をこするマッサージのことで、毛細血管やリンパ腺に圧力をかけて血流を促進させ、老廃物を押し出すのが特徴です。実はあの、西太后も顔のかっさマッサージをしていたというほど、とても古い歴史がある民間療法なんですね。

東洋医学では、人間の体には、気や血液といった代謝物質の通り道である「経絡(けいらく)」が張り巡らされているとされています。その代謝物質である「気・血・水」が、経絡を通って、体の中をくまなく循環していることが、健康を作るには必須なんです。

この「気・血・水」は、簡単に言うと…

「気」:生命のエネルギー。呼吸・発汗・体温などの全ての調節を「気」が行なっています
「血」:血液および血液が運んでくる栄養素
「水」:水分を始めとし、リンパ液や汗、涙など全ての体液

このめぐりを整え、「気・血・水」のバランスをとるのが「かっさマッサージ」なんです。

アメジストやローズクォーツetc. パワーストーンで美肌&小顔に

「かっさマッサージ」は、「かっさ板」を使うため、手や指でのマッサージに比べて均一に経絡に圧力をかけることができる点がポイントです。

潤滑剤としてマッサージクリームを使い、むくみやコリが気になる部分を一定の方向に、そっとなぞります。例えば、あごが気になる場合は、あごの中心から耳のつけ根にかけてすべらせ、そこから鎖骨に向かってすべらせましょう。

同じ場所を集中してやりすぎないようにすることがポイントです。また首や体でやると、血流が滞っている場所などから赤みがでて、1週間くらいひかないこともあります。

生理中や妊娠中、また白血病や皮膚の弱い方などは避けた方がよいですが、基本的には1〜5分くらいの手軽に取り入れられるマッサージです。

その「かっさ板」として、昔から様々なパワーストーンが使われてきました。

「かっさマッサージ」でよく見られるのが「ローズクォーツ」。女性ホルモンを活性化させ、新陳代謝を促し、美肌を作るとも言われています。

また西太后が好んで使ったと言われる「翡翠」はストレスからくる不眠を和らげる効果があるのだとか。「アメジスト」は集中力や冷静さを高めてくれる効果が期待出来るそう。

パワーストーンの意味も考えながらマッサージすると、効果も倍増しそうです。是非、お気に入りの「かっさ板」をみつけて、マッサージしてみてください。
老廃物を押し流して、目指せ小顔!

関連記事