エイジングケアもダイエットも! 奇跡のお茶「ルイボスティー」

エイジングケアもダイエットも! 奇跡のお茶「ルイボスティー」

飲めば飲むほど、ダイエットに効き、体が若返るという噂のお茶、ルイボスティー。今回はその謎に迫ってみました!

便秘解消でダイエット、アンチエイジングにも役立つルイボスティー!

カフェインフリーで子どもも妊婦さんも飲める上に、アンチエイジング効果も高いという噂の「ルイボスティー」。

ルイボスティーは、南アフリカ共和国のケープタウンに広がる限られた山脈の一帯のみでしか取れない貴重なお茶で、その栽培地は、標高450メートル以上、昼夜の寒暖差が30度以上と、植物が育つにはかなり苛酷な土壌です。

しかし、そのように照りつける太陽の下、乾燥した土壌でも育つことが出来るように様々な成分が含まれているのがルイボスティーの特徴です。

ミネラルが豊富なことでも有名ですが、「ダイエット」そして「アンチエイジング」において絶大な効果があることから、主に女性を中心に奇跡のお茶として広まりました。その効果をご紹介します。

【1.ダイエット効果】
代謝促進と脂肪燃焼に力を発揮するため、ダイエット効果が期待できます。

特に、ルイボスティーは腸内環境を正常化し、悪玉菌が体外に排出され、残った善玉菌が腸の動きを活発にすることで便秘が解消されると言われています。

【2.アンチエイジング効果】
シミやしわなど、肌のお悩みや、体内老化、生活習慣病の主な原因は「活性酸素」と言われています。

というのも、活性酸素が細胞を酸化させることで、細胞老化が起きるからなんです。ルイボスティーには、この「活性酸素を除去する酵素」である「SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素」が沢山含まれています。

またルイボスティーのポリフェノールも同じく、活性酸素を阻害してくれるため、アンチエイジングに効果があると言われているんです。

エイジングケア&ダイエットに不可欠のミネラルもたっぷり!

そんなルイボスティーはどのように選び、飲んだらよいのでしょう?

【ルイボスティーの選び方】
高品質なルイボスティーは、新芽の先を使っています。ですので、茶葉がより細くなっているものを選ぶと良いでしょう。

【ルイボスティーの飲み方】
ティーポットに茶葉を小さじ2杯(10cc)入れ、沸騰させたお湯を注ぎ、3分待ってからカップに注いでください。

また、茶葉をやかんに入れて、水を注ぎ、10〜30分煮だす方法もあります。

煮だすことでルイボスティーの成分である、ナトリウムやカルシウムが抽出できるメリットがあります。

※1日の目安はカップ3〜5杯がオススメです。ルイボスティーに含まれるビテキシンという成分にはヨード吸収阻害作用があります。

あまり多く飲み過ぎるとヨード欠乏症になる恐れがあるため、適量を選びましょう。

飲むだけでダイエットやアンチエイジング効果が期待できるとは嬉しいですね。ぜひ、水分補給の時にはルイボスティーを取り入れてみてください!
茶葉が細いものを選ぶのがオススメ!

関連記事