アラフォーに一番必要なコスメは「アイライナー」だった!

アラフォーに一番必要なコスメは「アイライナー」だった!

年々、メイク悩みが多くなる、アラフォー。メイクがパッとしないからといって、年齢だけのせいにしていては、人生もったいない! アラフォーが最高に輝けるメイクテクニックとは…。

アラフォーが感じ始める目元の悩み

今までと同じメイクでは自分をキレイにできない…。そう感じ始めるのがアラフォー。メイク悩みが本格化する年頃といえるかもしれません。ファンデーションのノリ、リップの色、チークの入れ方など、少しずつシフトチェンジが必要となってきます。

中でも特に、メイクをしても「目元がぼやける」、という悩みを抱く人が多いようです。きれいな色のアイシャドーを瞼にのせても、なんだかパッとしない。何年か前とは、何かが違うんです!
目元に悩みを感じ始めるアラフォー

アラフォーには、ぼやけた目元を引き締めて見せるアイライナーが必要

どんなに目元がぼやけて、華やかさを欠いた顔でも、厚塗りはNGです。メイクは濃すぎても薄すぎてもダメなんです。では、ぼやけた目元をどうすべきなのか?

アラフォーにとって大切なポイントは、「メリハリ」といえそうです。キレイな色を効果的にのせるのも大切ですが、その前に「ライン」を意識すべきかもしれません。

そう、そのラインの最もたるものは、「アイライナー」。これが、ぼやけた目元を引き締めて見せる、最強アイテムなんです。

アラフォーにおすすめのアイライナーとは

アイライナーが引き締まった目元を演出するとはいえ、ペンシルタイプのアイライナーが肌にうまくのらなくなってくることも。けれど、リキッドタイプほどシャープなラインを引きたくない…。そんな悩みを吹っ飛ばしてくれるのが、イヴ・サンローランの限定品「クチュールカジャル」。

クレヨンタイプで柔らかな「クチュールカジャル」は、軽いタッチでもしっかりとラインが引ける上に、描く太さも自由自在な優れもの。

わたしは、まつげの間を埋めるように書き、目尻は少しだけ長めにして、ほんの少しトレンド感を取り入れます。そして、アイシャドー用のブラシでササッとぼかします。最後にお粉で抑えて、アイラインは完了。その後、ビューラー、マスカラをつける。これだけで、アイシャドーをつけなくても、目にシャープさと輝きがプラスされるんです。

ただ、シーンに合わせてメイクを変えたい時があります。そんな時にも力を発揮するのが「クチュールカジャル」。アイラインを濃くしたり、太めに入れぼかし、アイシャドーとして使用したりと、用途は多彩。いろいろなメイクが楽しめるんです。

YSLは、なんとなくメイク上級者のイメージが強かったけれど、「クチュールカジャル」はメイクがあまり得意ではないわたしにも使いやすく、多彩な使い方もできるため、メイクの初心者も上級者も納得の1本といえるかもしれません。
クチュールカジャル
イヴ・サンローラン
クチュールカジャル 4,100円(税抜)
7月31日発売 限定品
http://www.yslb.jp

関連記事