やってしまった! うっかり日焼けのアフターケア

やってしまった! うっかり日焼けのアフターケア

気を付けていたつもりがうっかり日焼けをしてしまった! そんな時はどうしていますか? 日焼け後のお肌はとてもデリケート。正しいアフターケアでお肌をいたわりましょう。

日焼けのアフターケアは、とにかく冷やす

日焼けは、お肌がやけどした状態。まずは、鎮静させることが一番重要です。日焼けした後、半日〜1日後が最も炎症が起こりやすいと言われています。一刻も早く冷水で冷やしたタオルや、保冷剤を使って、ほてりがある部分、赤くなっている部分を冷やしましょう。冷水のシャワーや水風呂に入るのも効果的です。冷やすことで、日焼け後の肌質の明暗が分かれるとも言われています。

日焼けの後は、しっかり保湿を

日焼け後の肌は乾燥状態です。冷やした後は、しっかりと保湿しましょう。ダメージを受けた肌はとても弱っているので、肌に優しく刺激の少ないものを使用してください。まずは、化粧水をたっぷりつけて水分補給をしたら、乳液や美容液でふたをしましょう。化粧水を冷蔵庫で冷やしておくのもよいでしょう。
日焼けをした2、3日後に、メラニン色素が大量に生成されてお肌が黒くなります。その前にしっかりと水分補給をしてシミや色素沈着などを防ぎましょう。

体の内側からもアフターケア

日焼けした後は、シミやシワの原因である活性酸素が大量に作られます。抗酸化作用のあるビタミンC、E、βカロチンを含む食材を積極的に摂取するようにして、体の内側からもケアしていきましょう。

①ビタミンC
シミや色素沈着の元のメラニン生成を抑える働きがあります。レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類、緑黄色野菜、キウイ、いちご、アセロラなどに多く含まれます。

②ビタミンE
ビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂取すると日焼け後のお肌の回復効果が上がります。逆に不足するとシミになりやすくなるので注意しましょう。アボカド、ナッツ類、大豆製品、豚肉などに多く含まれます。

③βカロチン
βカロチンには、活性酸素の生成を抑える効果があります。人参、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、レバー、チーズなどに多く含まれます。

美白

日焼け後、お肌が落ち着いてきてからビタミンCなどメラニン生成を抑制する成分が入った美白アイテムを使用しましょう。美白成分は刺激が強いので、炎症が治まってから使用するようにしてください。
日焼けの正しいアフターケア

十分な睡眠

肌の新陳代謝が最も活発に行われるのは睡眠中。十分な睡眠をとり、肌の新陳代謝を促し、シミにならないお肌作りを心がけましょう。特に日焼けをしてしまった日は、7時間以上を目安にたっぷりすぎるくらいの睡眠をとりましょう。

関連記事