紫外線のヘアダメージはオイルパックでリセットケアを

紫外線のヘアダメージはオイルパックでリセットケアを

どうしても紫外線対策がしにくいのに、体の中で一番紫外線を浴びる髪と頭皮。そのまま秋を迎えると今度は乾燥の脅威が…。オイルできちんと潤い補給をしてケアしましょう!

紫外線ダメージが蓄積した夏の頭皮を救え!

夏の間、降り注ぐ紫外線にさらされ続けた髪と頭皮。
もしプールや海を訪れていたら、ダメージはより深刻かも。

紫外線の影響で硬くなった角質が毛穴に詰まって、新しい健康な髪の成長を阻害したり、抜け毛の原因になってしまいます。
また、髪はキューティクルがささくれた状態になって、艶のないパサついた状態になっています。

これを一気に救うのがオイルパック。
来たるべき秋冬に向けて、しっかりと夏のダメージをリセットしましょう。

オイルの贅沢使いがポイント

夏のダメージをリセットする為に、オイルは贅沢にたっぷりと使ってください。高級なヘアオイルを使う必要はありません。
たっぷり使えるものを用意しましょう。
オイルの種類もお好きなもので構いません。

私のオススメは、ベタ付きがなく使い心地の良いアボカドオイルです。

オイルケアのやり方

1)オイルパックの前に髪をブラシで丁寧にとかし、絡まりや埃などを取り除いておきましょう。

2)まずはオイルを頭皮に塗布します。少しずつ手に取り、頭皮全体に満遍なく馴染むように揉み込みます。

3)全体に行き渡ったら、丁寧に頭皮全体をマッサージします。指で頭皮をギュッと掴んで離したり、ぐっと押して離す、など、自分が気持ちいいと思える強さでよく揉みほぐしてください。

4)次に髪にオイルを馴染ませます。ここでのやり方が一番のポイント。 開いたキューティクルを修復する為に、下向きに開いたキューティクルにオイルを補給してしっかりフタをする為に、少しずつ毛束を取って、指で丁寧に下に向かって髪にオイルを馴染ませます。
痛みやパサつきが気になる箇所は特に丁寧に馴染ませましょう。

5)蒸しタオルでオイルを浸透させましょう。バスタイムに行っている時は、湯船につかって頭皮の血行を更に良くするのもオススメです。大きめのタオルを濡らして絞り、電子レンジで温めて蒸しタオルを作り、毛先までしっかり包み込んで温めます。

6)最後にいつも通りシャンプーやトリートメントをして完了です。

夏の間に溜まったダメージをリセットして、季節の変わり目に備えましょう!
紫外線のヘアダメージをオイルパックでリセットする方法

関連記事