美味しく食べて綺麗に! 秋の味覚は美容に効果的

美味しく食べて綺麗に! 秋の味覚は美容に効果的

「食欲の秋」と言われるぐらい、秋から冬にかけて、海の幸や山の幸など旬を迎える美味しい食材が満載。
実はこれらの秋の味覚は美容効果もたっぷりなんです。

秋の味覚の「柿」は驚くほど栄養満点

秋の果物の代表格な柿。
「柿が赤くなれば、医者が青くなる」という言葉があるほど、実は柿は栄養がたっぷりなんです。

まずビタミンCを豊富に含んでいて、柿一つで一日分のビタミンCを補えてしまうほど。
さらに、抗酸化作用がありアンチエイジングに有効なポリフェノールは、なんとぶどうの5倍も多く含んでいるんだそう!

また、柿に含まれるカリウムには水分の代謝や利尿作用があり、むくみやセルライトに悩む人にもオススメです。

そのほかにも、柿は実は二日酔いにも効果的。
これは柿に含まれる「タンニン」によるもので、アルコールを肝臓で分解するときにできる「アセトアルデヒト」という有害物質を、無害にする働きがあるんです。

秋は「栗」で美肌を目指そう

栗は美肌に効果的な成分をたっぷり含んでいます。
その代表がビタミンC。
本来ビタミンCは加熱処理で効果が失われてしまうのですが、栗に含まれるビタミンCの場合、でんぷんに守られているので、加熱してもビタミンが壊れにくいのが特徴。
夏に受けたダメージを回復させシミやそばかすを防ぐためにも、この時期積極的に摂りたい栄養素の一つです。
また、ビタミンB1、B2が豊富で、疲労の回復や、肌、粘膜を健康な状態に保ちます。

食物繊維も豊富で、ゴボウやサツマイモよりも含有量が多いというから驚き!

ただし、カロリーが高めなので食べ過ぎは避け、一日五個程度にしましょう。

秋刀魚でアンチエイジング

脂がのりこの時期とっても美味しい秋刀魚。
秋刀魚には必須アミノ酸を含む良質のタンパク質や鉄分、ビタミン、さらにはEPAやDHAが含まれています。
コラーゲンの合成を促す鉄分や、血液の流れを良くする必須脂肪酸なども豊富で、まさにアンチエイジングにぴったりの食材。
さんまの皮部分にはビタミンBが、わた部分にはレチノールというコラーゲンの生成を促す成分が豊富なので、せっかく食べるなら皮もわたも丸ごと食べることをおすすめします。

また、大根おろしと一緒に食べると、大根の酵素が秋刀魚のビタミンや鉄分などの吸収を促進してくれますし、皮やわたの苦みも軽減してくれ食べやすくなります。



秋の味覚には、実は嬉しい美容効果がたくさん。
旬のものを美味しく頂いて、美しさも手にいれちゃいましょう!

関連記事