睡眠中に痩せる! 寝る前にできるはちみつダイエットの3つのポイント

睡眠中に痩せる! 寝る前にできるはちみつダイエットの3つのポイント

寝る前はちみつダイエットのやり方はとても簡単で、決まった量を食べるだけでOK。はちみつは寝る前に食べると身体の脂肪を燃やし、ダイエット効果があるんです。はちみつの選び方など、寝る前はちみつダイエットのポイントを紹介します。

寝る前にはちみつを食べる「だけ」でダイエットに!

寝る前にはちみつを食べるダイエットが効果的!
寝る前はちみつダイエットのやり方はとても簡単。なんと、夜就寝する約1時間前にはちみつを食べるだけなんです!では、どうしてそれがダイエットにつながるのでしょうか?

はちみつは、ビタミンBや葉酸、カリウムなど様々な栄養素を含んだ天然の良質な糖分です。寝る前に大さじ1杯ほどのはちみつを摂取することで、肝臓に適度な糖質が蓄えられ、寝ている間も脳が活発に働いてくれるようになります。その結果、成長ホルモンの分泌が活発化され…体脂肪が燃えてくれるのです!寝る前に甘いものはご法度、というダイエットの鉄則をひっくり返すダイエットだと思いませんか?

はちみつを選ぶメリット

「はちみつ以外の糖分じゃダメなの?」という疑問も湧いてくるかもしれませんが、寝る前に摂取する糖分としては、はちみつがベスト。はちみつが持つメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

1.カロリーは白砂糖の3分の2程度(大さじ1当たり約64kcal)
2.飲んですぐ腸で吸収されるため、胃腸への負担が少ない
3.ビタミンBの美肌効果で、睡眠中に美肌がつくられる

ダイエット効果にプラスして、美肌効果も期待できるというのも嬉しいポイントです。

寝る前はちみつダイエットのポイント

とっても簡単な寝る前はちみつダイエットですが、ここでいくつかのポイントをご紹介しておきますね。

1.添加物なしの純粋なはちみつがベスト
加糖されたものは、カロリーがUPしたり胃腸への負担が大きくなるのでおすすめしません。

2.大さじ1のはちみつを、寝る30分~1時間前に摂取する
そのまま食べてもOKですが、コップ半分ほどのお湯に溶くと飲みやすい口当たりに。冷え症気味の方は、生姜を入れると身体がポカポカ温まります。

3.睡眠時間をしっかり確保する(6~7時間ほど)
就寝中に分泌される成長ホルモンが、このダイエットの鍵。夜更かしはせずにしっかり睡眠をとりましょう。成長ホルモンの分泌がピークになる22~2時の間に眠っていられるのがベストです。

関連記事