下地がキレイにのる!化粧乗りの良い美肌は食事でこうつくる!

下地がキレイにのる!化粧乗りの良い美肌は食事でこうつくる!

化粧乗りを良くするには、腸内環境を整えることが一番の近道!高い化粧品にお金をかけるより、食事を整えた方が一生ものの肌を手に入れることが出来るのです!

美肌を作るには何を食べるかより、何を食べないか、という選択も大事

体の内側からキレイになれる食材をせっかく食べても、体を汚すものを多く食べていたのでは肌はキレイになれません。腸内環境を整え、細胞レベル、血液レベルでキレイになるためには、何を食べないかという選択もひとつの方法です。毎日美味しいものを食べるのももちろん楽しいですが、好き放題食べ続けていたら、10年後、20年後もあなたはキレイでい続けられるでしょうか。何を選択して食べるかは無限に自由であり、自分次第なのです。食べ物を自由に選択出来る時代だからこそ、せっかく食べるなら体の内側からキレイになれるものを選びたいと思いますよね。

体は粘膜→皮膚→細胞→歯・骨の順で日々再生されています。2週間〜3ヶ月程かけて食事を徹底的に整えれば、体は確実に変わってくること間違いなし!

食事を整えると、肌も見違えるようにツヤとハリが出て、化粧崩れがしなくなる程、一日中キレイな肌をキープすることが出来ます。朝から化粧乗りが良いと、女性は気分がいいものですよね。

具体的にどのようなものを食べ、どのようなものを食べないことが腸内環境を整え、美人になる近道なのでしょうか。次の項でご紹介したいと思います。

体の内側からキレイになる美容食で美肌を手に入れよう

以下に体の内側からキレイになる美容食と、美を損ねる原因となるため出来るだけ避けたい食品の一覧をご紹介致します。是非日々のお食事を選ぶ際に、参考の目安にしてみて下さい。

【腸内環境を整え、体の内側からキレイになる美容食】
玄米などの精製されていない穀物
旬の野菜
豆腐や納豆などの大豆製品や豆類
わかめやひじきなどの海藻類
味噌や醤油、酢、塩麹、甘酒などの発酵食品
亜麻仁油やえごま油などのオメガ3系脂肪酸
なるべく自然のままに近いもの、原形のあるもの
日本人が伝統的に食べてきたもの

【出来るだけ避けたいもの】
白いごはんやパン
油脂の多い肉や魚
白砂糖を使った甘いお菓子
牛乳やヨーグルトなどの乳製品
ハムやベーコンなどの加工品
化学調味料、添加物、人工甘味料
遺伝子組み換え食品
清涼飲料水
トランス脂肪酸を含むもの
関連キーワード