秋の味覚で美味しくダイエット!今食べるべき食べ物

秋の味覚で美味しくダイエット!今食べるべき食べ物

そろそろ「食欲の秋」が到来します。ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、食べる順や調理方法でダイエットできてしまうんです。今年の秋は美味しくダイエットしましょう!

「食欲の秋」を楽しもう!

秋は美味しいものがたくさんある季節で食べ過ぎてしまい、秋太りをしてしまう人が多いのではないでしょうか。特に、さつまいも・サトイモなどの糖質を多く含むイモ類、さんま・秋鮭などの脂の多い魚類、ホクホクの炊きたてが美味しい新米など、挙げればキリがありません。これらにも、私たちを作る大切な栄養素がたくさん含まれています。その栄養素を上手に摂取して、美味しいものを食べながらダイエットをしていきましょう。

美味しく食べてダイエットしよう

ここでは、どの秋の味覚をどのように食べればよいのかをご紹介いたします。

【低GI値食材でダイエット】
食材が低GI値であることは、血糖値を急激に上げないので脂肪をためにくい身体作りに必要です。秋の味覚には、そんな低GI値食材が多くあります。
・さつまいも
・りんご
・玄米
・秋そば
・りんご
・イチジク

一口目にこれらの食材を食べることで急な血糖値の上昇を防ぎます。効果的な食べ方は低GI値食材を食べて10分後に普段通りの食事をすることです。

【夏の疲れを取りながらダイエット】
夏は熱中症対策や汗でミネラル・塩分が排出されることで水分を多く摂りがちです。中には、水太りをしてしまう人もいます。そんな時は、老廃物を排出しながらダイエットしましょう。
・りんご
むくみに効くカロチンが多く含まれ、水太りを解消できます。
・柿、かぼちゃ、梨
ビタミンCには、コラーゲンの生成を促進し、メラニン色素の沈着を抑制する効果があります。日焼けしてしまった肌やクーラーで硬くなった皮膚の角質を整えましょう。

【低カロリーでダイエット】
秋の味覚代表と言えば「まつたけ」。まつたけに限らず、しめじやまいたけ、しいたけなどキノコが美味しい季節です。キノコ類は全体的に低カロリーで食物繊維が豊富なので、便秘解消にも効果大な食材です。鍋やきのことじなど温まる料理で身体を温めながら摂取するのがオススメです。



いかがでしょうか?これからスーパーにたくさん秋の食材が並びますが、カロリーやGI値をうまく組み合わせて、美味しく秋を楽しみながらダイエットしませんか?

秋の味覚で美味しくダイエットしよう

関連記事