歯茎の色が悪いなら速攻ケア! ピンクの歯茎になる自宅ケア法4選

歯茎の色が悪いなら速攻ケア! ピンクの歯茎になる自宅ケア法4選

色が悪かったり、黒ずんでいたりする歯茎は、見た目も不健康なら、病気の可能性もあることから、放置は厳禁! まずは変色の原因を知って、ピンクの歯茎を取り戻すケアを始めましょう。自宅で今夜からできるオススメの歯茎ケア方法4つをご紹介します。
Sao

生活習慣からマッサージまで!ピンク色の歯茎を取り戻そう

男女問わず、ピンク色の歯茎は好印象を与えてくれます。
紫に変色した歯茎は、不健康にも見えてあまりいい印象ではありません。

そこで今回は、歯茎を紫にする原因と自宅で出来る対策方法をご紹介したいと思います。

歯茎を変色させる主な4つの原因

歯茎の色は生まれつきという場合もありますので、個人差がありますが、明らかに昔より紫色になってきた、黒ずんできたという場合は、次の原因が考えられます。

①歯周病
口内に住む数百種類の細菌が、ブラッシングの甘さなどから炎症を引き起こすといわれる歯周病。
歯周病により血液循環が悪くなり、紫色になります。
②喫煙
タバコに含まれるタールやニコチンが悪影響や色素沈着を及ぼし紫色に黒ずみます。
また一酸化炭素が血液循環を悪くすることも要因の一つです。
③差し歯
差し歯の金属が歯肉に沈着しすることで、黒ずみ・紫色になっています。
④体調不良
生活習慣が乱れていたり食生活が悪い事が原因で、歯茎の色も悪くなりがちです。
歯茎の色をピンクにする方法

自宅でできるおすすめ歯茎ケア

①歯周病対策の歯磨き粉を使う
歯周病の予防に向けた歯磨き粉が販売されていますので、歯周病の疑いがある方におすすめです。また、歯ブラシはあまり固いものでなく、柔らかいものにして歯肉を傷つけないようにするのもポイントです。

②歯茎のマッサージ
人差し指のお腹を使って、歯肉部分を全体的に円を書くように優しくマッサージしてあげましょう。就寝前の習慣として毎日続けると、血液の巡りが良くなりピンク色へと改善されていきます。

③生活習慣を見直す
前述しましたが、睡眠不足や運動不足、食生活の片寄りなどの不摂生も大きく歯茎の色に関わります。これらを改善し規則正しい生活に切り替える事で歯茎の色も改善されますよ。

④喫煙を控える
タバコの色素沈着が原因の場合は、タバコを控える・辞める事で徐々に元の色に戻っていきます。色素沈着+血液循環の悪化とダブルパンチで悪影響なのが喫煙です。


これらのケアは即効性はありませんが、コツコツと続けることで効果が表れるもの。
日々の努力があなたを笑顔美人へと導いてくれますよ!
ぜひ試してみてください。

関連記事