ダイエットは食事が8割! ダイエットを成功させる為の10カ条

ダイエットは食事が8割! ダイエットを成功させる為の10カ条

カラダは食べた物でできています。ダイエットを成功させるためには食事の管理が8割といっても過言ではありません。今回は確実に痩せるための食事法をご紹介致します。

ダイエット成功の秘訣10カ条

人は、食事から摂取する糖質(炭水化物)、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素により形成されています。健康と美容のために、バランスのとれた食事は不可欠です。ダイエットや美ボディを目指すにあたって、トレーニングだけでなく食事の管理抜きに成功はあり得ません。
ダイエットを確実に成功させるために行いたい、食事の10カ条を下記にまとめます。

①GI値が高いもの(60以上)は食べない
低GI値食品は血糖値の上昇を遅くし、インスリンの分泌も抑えることが出来ます。

②1日に○ℓの水を飲む
便通を改善し、老廃物を排出します(例:体重55kg・・・55×0.4=2.2ℓ)

③食前に水を1杯飲む
お腹を満たし、食べ過ぎを防止します。

④食べる順番に気をつける
汁物→野菜→おかず→炭水化物の順で食べて、血糖値の急上昇を防ぎます。

⑤毎日発酵食品を食べる(納豆、キムチ、味噌、醤油、塩麹など)
腸内の善玉菌を増やし、お通じの改善効果があります。

⑥1食30分以上かけて、ゆっくりよく噛んで食べる
人間は食べ始めてから20分で満腹中枢が働きます。1回1回よく噛んで食べ、早食いしないよう意識しましょう。

⑦鶏肉、牛肉(赤身)、魚を食べるならお昼に
良質なアミノ酸が成長ホルモンを促進します。

⑧お昼ごはんは玄米であればOK
基本的に2日に1回、100g程度であれば食べても大丈夫です。

⑨朝食から夕食を12時間以内に
体内リズムを整え、ホルモンや自律神経を整え睡眠の質を改善します。

⑩トレーニング日は糖質の摂取を控え、野菜中心にする
運動時に素早く脂質を燃やせるようにします。

食べて良い食材・食べてはいけない食材

効率よく脂肪燃焼するために、GI値の高い食材は徹底的に避けたいところ。
下記の食材リストを参考にして、よりダイエット効果を加速させましょう。

【食べて良い食材】
(野菜)ブロッコリー、大根、キャベツ、もやし、トマト、アボカド、ほうれん草、アスパラガス、きゅうり、ねぎ、ごぼう、など旬の野菜
(きのこ類)しめじ、えのき、エリンギ、まいたけ、椎茸
(海藻類)もずく、わかめ、ひじき、あらめ、のり、昆布
(豆類)豆腐、大豆、枝豆、納豆、豆乳
(肉・魚類)鮭、ししゃも、あさり、しらす、ササミ
(果物)イチゴ、グレープフルーツ、オレンジ、梨、レモン、ブルーベリー、プルーン、キウイ、りんご
(ナッツ類)アーモンド、くるみ

【食べてはいけない食材】
(穀物・パン・麺)白米、赤飯、パスタ、ラーメン、ビーフン、餅、うどん、そうめん、コーンフレーク
(野菜)じゃがいも、にんじん、とうもろこし、かぼちゃ、里芋、栗
(果物)バナナ、桃、パイナップル、さくらんぼ
(調味料)グラニュー糖、上白糖、氷砂糖、ブドウ糖、黒砂糖、三温糖、はちみつ、水飴、メープルシロップ、ジャム、練乳

関連記事