隠すと老ける?! 大人の肌は自分いかしの下地が鉄則

隠すと老ける?! 大人の肌は自分いかしの下地が鉄則

シミとかシワも増えてきたし…、とついつい大人はお肌をカンペキにつくりこみがちですが、スキのない肌は逆に老け印象!薄づきの下地でナチュラル美肌を目指しましょう。

もち肌に!ファンデーション前に乳液で保湿して下地を作ろう

ナチュラル美肌に欠かせないのがツヤ。自然なツヤがあることで、自然で自分らしい、なにもしていないような印象に見せられるんです。そのためには、下地としてまずはスキンケアの乳液をたっぷり塗ることからはじめましょう。しっとりとした土台があれば、つくりこまない自然な素肌に近づきます。

下地は地肌の色いかしのBBクリーム

実は顔色と全身の肌色がずれていると、すごく肌が汚く見えるんです。全身の肌色をそろえるには、塗り固めないで素肌が透けて見えるようなBBクリームを。肌にのせたら、叩いてなじませると色が肌になじんでいくものを選んで。

ファンデーションでおさえない!

せっかく出した自然なツヤや素肌感。通常、このうえにファンデーションを重ねますよね。でも厚化粧はのっぺり見えていいことなし。軽くルーセントパウダーをパフで鼻の頭をおさえるくらいで頬はつややかに保って。作りこんだ肌はすきがなくて怖い印象を与えがち。大人の女性は隠すより生かしましょう。

関連記事