エイジングケアも! 話題のベジブロスの美容効果がすごい

エイジングケアも! 話題のベジブロスの美容効果がすごい

今まで調理の際に捨てていた野菜の皮や茎、根っこの部分。
実はその捨てていた部分にこそ栄養がたくさん!

野菜くずでつくるお出汁「ベジブロス」の魅力をご紹介します。

エイジングケアにもおすすめ! ベジブロスって何?

玉ねぎの皮やにんじんのヘタ部分、ネギの青くてかたい部分やセロリの葉など、毎日のお料理の時に捨ててしまいがちだったお野菜の切れ端やくず。
そのまま生ごみとして捨ててしまっていた人も多いかもしれませんが、実はその捨てていた部分には栄養素がたっぷりと含まれているんです!
そんな栄養たっぷりの野菜くずを煮出した出汁を「ベジブロス」と言います。

エイジングケアだけじゃない! ベジブロスの驚くべき効能は

キャベツやレタスなどの葉物は光合成を活発におこなっている外側の葉の方が栄養が集まっていますし、大根やニンジン等の根菜類は、みずみずしさを守るために外側の組織に栄養を集めてブロックしています。
さらにヘタ部分は成長の要にあたる部分になるため様々な栄養分が含まれているのです。
それらの栄養素はフィトケミカルと呼ばれ、フィトケミカルは加熱することで細胞壁が壊れ、体に吸収できる状態になります。
つまり、加熱して煮出すベジブロスは、効率良くフィトケミカルを摂るのにぴったりなんです。
このフィトケミカルには強力な抗酸化力が含まれ、活性酸素の働きを抑えてくれ老化の防止や美肌効果、アンチエイジングにも良いと言われています。
また、免疫細胞の働きも高め抗がん作用も期待できるそうです。

ベジブロスの作り方

野菜のくずがたくさん集まったら、あとはたっぷりのお水とお酒少々を入れて弱火でコトコト20分から30分煮込むだけです。
煮込んだ後はザルで濾して完成。
このベジブロスは野菜の甘みや旨みがたっぷり詰まっているので、スープはもちろん、様々なお料理にアレンジして使用することが出来ます。
カレーのお水代わりに使用しても美味しいですし、ご飯を炊くときのお水代わりにいれるのもおススメです。
たくさん作ったときは製氷皿に入れて冷凍して保存しておくことも可能です。


今まで捨ててしまっていた野菜くず、これからは健康や美容のためにも是非活用してみてくださいね。

関連記事