ドレスコ レターセット

Dressco  レターセット

いつの頃からか、手紙をしたためることが多くなりました。
素敵なお話をうかがったあの方、食事をご一緒させていただいたあの方と、お世話になった方々に気持ちを伝えたいというのがきっかけでした。
川島屋百貨店

Dressco

レターセット

ドレスコ レターセット
いつの頃からか、手紙をしたためることが多くなりました。
素敵なお話をうかがったあの方、食事をご一緒させていただいたあの方と、お世話になった方々に気持ちを伝えたいというのがきっかけでした。

メールを書けば済んでしまうのでしょうが、それでは「どこか心もとない」のです。かと言って、御礼の一品を送るのは、少しおおげさになってしまう。あれこれ考え、行き着いたのが手紙でした。

相手の人となりと、何を伝えたいかに思いを馳せながら、「手紙用」と決めている引き出しを開けます。ぎっしり詰まっているポストカードやレターセットの中から、ああでもないこうでもないと選び始めると、気持ちがウキウキしてきます。

ちょっとだけ改まった気分の時は、「ドレスコ」というブランドのレターセットを使うことにしています。これは、ドレスを「身につけるように」使ってもらえればという意図から、紙の専門商社である竹尾が、オリジナルで作ったブランド。「紙の持っている豊かな質感や風合い、艶やかな色を身近に感じて欲しい」という想いが込められています。

便せんは、表面に独特の質感がある、選び抜かれた上等な紙。セットになっている罫線入りの台紙を重ねて文字を綴ると、いつの間にか背筋が伸びて、凛とした気持ちになります。封筒は、シックな色の厚めの紙と薄紙の二重仕立て、とても贅沢な造りです。

こんな美人さんのレターセットなのだから、少々の悪筆は許していただいて、文章の拙さも見逃していただいて──何より気持ちを伝えることが大切だから。
封筒を開けた時の表情を想像すると、自然と笑みがこぼれます。
ドレスコ レターセット
ドレスコ ステーショナリーセット ギルクレストボンド
価格:3,200円+税

問い合わせ先:
株式会社PCM竹尾
03-3295-7500
info@dressco.jp
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。