固形石鹸のススメ

肌に優しく使いやすい!固形石鹸のススメ

固形石鹸と洗顔フォーム。そんなに違いがあるなんて知らなかった!今日から、お肌に優しい固形石鹸へシフト。

洗顔フォームと大違い?!肌に優しい固形石鹸のおすすめポイント

洗顔は、固形石鹸?洗顔フォーム?
同じような物と思われがちですが、実は全然違う物なのです!
固形石鹸が断然オススメな理由を解説していきます。

【固形石鹸と洗顔フォームの違い】

<洗顔フォーム>
合成界面活性剤が含まれており、これは非常に肌に悪いもの。
油は水で流しただけだとまず完全に汚れを落とす事は出来ません。「水と油を合体」させて汚れを落としやすくする合成界面活性剤によって、キレイに洗い流す事ができます。
洗浄力が非常に強いため、皮脂はもちろんのこと、大切な保湿成分(セラミド等)までも落としてしまいます。顔のバリア機能がこわされ、ボロボロになり、乾燥肌や敏感肌を招きます。

<固形石鹸>
洗顔フォームに合成界面活性剤が含まれているのに対し、固形石鹸は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの天然成分で構成されます。そのため、肌に非常に優しいのです。また、防腐剤(パラベン)や香料、着色料、アルコ—ルなども一切添加されていません。肌に必要な成分を根こそぎ落とす事はなく、肌に不要な成分(汚れ)だけを洗い流します。よって、肌への負担が限りなく少なくなります。

【固形石鹸は弱アルカリ性】

ナトリウムやカリウムが主成分である固形石鹸は、PHはアルカリ性寄りです。弱アルカリ性で洗顔することによって、顔にうすい「膜」が張られます。これは固形石鹸特有の現象で、その「膜」はアルカリ性であるため、肌はなんとか酸性に戻そうとします。これは「つっぱり感」に関係しており、肌が活性化している証拠でもあります。

固形石鹸は洗顔フォームのように肌のバリアを壊すことはなく、弱アルカリ性によって肌本来の力を引き出してくれるので、本当の意味で、「肌に優しい」と言えます。
泡立てやすい、使いやすい、保管しやすいなど、洗顔フォームは使い勝手がよく便利ですが、その反面、お肌に非常に悪いというリスクを伴います。
使い勝手のよさと、お肌に優しいこと、皆さんどちらを取りますか?
女性ならもちろん、後者を選択すべきですよね!
洗顔フォームを使用している方は、今日からお肌に優しい固形石鹸へシフトしましょう。

関連記事