あなたに睡眠環境を見直そう!

「寝ても疲れがとれない」あなたの睡眠環境を見直そう!

どんなに寝てもスッキリしない朝や疲れがたまってる日々。そんなあなたへ解決方法と、上質な睡眠へ変えるためのハウツーを教えます。

睡眠不足、質の悪い睡眠の原因って?あなたの睡眠環境大丈夫?

仕事やプライベートでバタバタな毎日で睡眠不足がちに。
睡眠不足が続くと体の免疫力が低下し、いつも以上に疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなってしまいますね。せっかくの大切な毎日、元気に楽しく過ごしたいですね。
そんな日頃の疲れの悩みを解決してくれるキーの1つとして「睡眠環境」があげられます。
多忙な日々を過ごす方は睡眠時間ではなく、睡眠の質を上げることにより同じ睡眠時間で、よりぐっすりとさらに疲れのとれる夜になります。
では早速、理想の睡眠環境に必要な3つの方法をご紹介します。

①食事は寝る3時間前までに
ついつい小腹がすいてやりがちな夜食。食事をすると胃が活動を始めるため体は休むことができなくなり、睡眠不足に繋がってしまいます。なるべく睡眠3時間前には食事をやめ体に休養を与えましょう。この方法はぐっすり睡眠につながるだけでなく、体重減少にも繋がるので、一石二鳥です。
どうしても仕事等で忙しく難しい人は食べてから30分後に寝るようにしましょう。

②睡眠空間作り
良い睡眠をするには寝る環境を整えましょう。温湿度、音や香りを自分に合った環境にすることにより全く睡眠の質が違います。
また睡眠中は体温が下がるためなるべく温めるように心がけたり、証明は好みを優先しますがなるべく室内を暗くするよう心がけましょう。
枕やベッドカバーも頻繁に洗うことにより睡眠中に包まれる香りも良くなり、快適に眠ることができます。早速本日から試して違いを実感してみましょう!

③リラックス効果
寝る前に体だけでなく、心もリラックスさせてあげることで眠りに入りやすくなります。
アロマオイルは特に効果があるものとして有名ですね。
ラベンダーは鎮静効果の高く、オレンジスイートには安眠効果がある様に、それぞれの香りには様々な効果があり、自分に合ったものを選んだり、日や気分によって変えてみるのもいいですね。
今や癒しグッズの定番になっているので、どこにでも購入可能です。デザインも様々な種類があるので、好みのものを選びベッドルームにインテリアとして飾るだけでハッピーな気持ちになれますね。
他にもホットアイマスクや、マッサージをしたり、温かいミルクを飲むのも◎

このように睡眠時間を長くするよりも睡眠の質を上げることに集中してみてはいかがでしょうか?自分に合った方法を見つけ、身体と脳の疲れを癒し、明日に備えましょう!

関連記事