実は雑菌だらけのパフやブラシ、きちんとお手入れしてますか?

実は雑菌だらけのパフやブラシ、きちんとお手入れしてますか?

毎日使用するメイク道具、きちんとお手入れしていますか?
実はブラシやパフには雑菌がたくさん。
お手入れせずに使い続けると、顔に雑菌を塗っているのと同じこと…

きちんとお手入れしよう! パフやブラシは雑菌の温床なんです

メイクの時に使用するパフやブラシには、使うたびに化粧品の成分はもちろん、皮脂や老廃物も付着します。
単純に汚れが蓄積するだけでなく、皮脂や老廃物が酸化し、結果的に多くの細菌が繁殖してしまいます。
一週間使い続けたスポンジを検査したところ、数万個の雑菌が検出され、なんとトイレの床に匹敵する菌の数なんだそう…
そんな汚いパフやブラシを使用してしまうと、肌荒れや吹き出物、ニキビの原因に。
なぜかニキビや肌荒れが治らない…という人は、実は汚れたメイク道具が原因かもしれません。

正しいお手入れ方法と頻度

ファンデーション用のパフは、一週間に一回程度で洗うようにしましょう。
お手入れに理想的なのは、スポンジ専用のクリーナーの使用です。
スポンジも傷みにくく、メイク汚れをしっかり落としてくれます。
専用クリーナーがない場合は台所用の中性洗剤を使っても大丈夫です。

洗剤を直接パフにつけ、汚れを浮かせるようにして泡立てます。
しっかりと洗ったら、すすぎ残しのないように十分な水で洗い流し、形崩れしないように軽く絞って水気を切ります。
直射日光で干すと硬くなってしまうこともあるので、陰干しがおすすめです。


メイクブラシの場合は、ぬるま湯で中性洗剤を泡立てて、根元から毛先に向かってとかすようにして汚れを浮かせます。
しっかりとすすいだ後、リンスをつけて仕上げると毛質がごわごわにならずおすすめです。
タオルで挟むようにして水気をとり、パフ同様陰干ししましょう。

清潔なメイク道具で美肌に

どうしてもお手入れするのが面倒…という人は、使い捨てタイプのパフを使用するのもおススメ。
せっかくスキンケアに気を遣ったり、コスメも良いものを選んでいるなら、道具も清潔に保ちたいですよね。
メイク道具を長持ちさせるのはもちろん、肌トラブルを防ぐためにも、一週間に一回はお手入れしてあげましょう。

関連記事