「冷え」をなくしてぽかぽかプルプル美肌に

女性の大敵!「冷え」をなくしてぽかぽかプルプル美肌に

体温が高いことって、美ととっても関係が深い☆その情報と簡単な改善法を健康マニアの筆者がお伝えします。表面的なケアだけでなく、本質的なケアを大事にする方必見!

体温と美肌、美シルエットは深く関わっているんですよね。平熱36.5度以下の方必見!

アッという間に、もう1月になってしまいましたね・・・。そりゃあ寒いわけです。
からだの芯から冷えてしまう前にしっかり対策をして、健康ぽかぽかプルプル肌を手に入れていきましょう!
ところで、凄腕の整体師の知人や外国を行き来している療法家に言わせると、日本人は体質的に外国人よりも冷えがちなのだとか・・・。皆様は平熱何度でしょうか。

【体温に関しての基礎知識】
過去研究データで見てみると、1957年に東京大学の田坂定孝教授らが行った体温計測した際には平均体温36.89度という結果になったそう。
このことから今でもネットでは平均体温36.8度なんて情報が出たりもしますが・・・これはあくまで理想の平均値。現代で36度以上の人なんて逆に少数派なのではないでしょうか。
ただ、体温が高いとこんなに「美メリット」があること、ご存知ですか。

【体があたたかいのは美人への大事な条件!】
あのエリカ・アンギャルも「美人に冷えた女はいない」と著書の中で豪語していて、(そうよね。)と思ったのをよく覚えていますが、実際体温が高いとどんないいことがあるのかというところ。それは下記の2点に集約されます。

① 血液の巡りが良い
すなわち、血液中の栄養分が巡りやすい。肌の内部の水分、うるおい、これらは化粧品が作っているわけではありません。もとは血液により栄養分が運ばれ、細胞に届けられているわけです。もちろん、いい栄養を摂取されている前提です。

② 代謝が高い
体温は体の代謝に大きくかかわってきます。代謝はたとえ毎年同じ食生活、運動をつづけたとしても必ず年々落ちていく=新陳代謝が落ち、太りやすくなる と言われています。
これがさらに体温が下がると・・・。体が更に燃えにくい状態になるのは想像がつくかと思います。1度体温が下がると代謝は12~20%まで下がると言われています。

【じゃあどうしたらいいの?】
残念ながら一朝一夕で平熱は上がるものではありません。しかし、大事なポイントを押さえてケアしていけば必ず改善されます☆
かくいう私も、以前は平熱35度台でしたが下記のケアを続けていたら、今では平熱が36.2分ほど。かなり改善がされました。皆様も是非試してみてくださいね。

① 女性の冷えがちな箇所を死守すべし
脂肪がついている箇所はどうしても冷えがち。特にお腹周り、おしりは出産にも関わる箇所なので脂肪で厚くガードされています。その分血液は巡りにくく触るとひんやり・・・なんてことが最も多い箇所。今やおしゃれなハラマキ、下着の上に履くあったかパンツは駅前のショップやユニクロでも売っています。毎日、はいてあたためていますか?

② 成長ホルモンが出ている夜を大事にすべし
もちろん昼も大事ですが、きっと皆様いい塩梅で靴下やひざかけなど活用されているでしょう。ですから、逆に夜のケアをされていない方はこれです。湯たんぽ。本当に、湯たんぽを活用すると睡眠が深く、また目覚めが気持ちよくなりますし、朝の顔洗いにはそのままぬるま湯になった湯たんぽの中を活用できるという優れもの。夜の睡眠時に体をあたためておくことで、成長ホルモンを出すなど大事な体の働きを助けることになります☆

簡単に毎日続けられるこれらの方法、是非ご活用くださいね!

関連記事