一瞬で顔が華やかに! pHや水分量の差で自分色になるリップ特集

一瞬で顔が華やかに! pHや水分量の差で自分色になるリップ特集

夕方になると疲れ顔になる、ご飯を食べるとリップが取れてしまう、などのお悩みの女性にオススメしたいのがphグロス。とても便利であなたも虜になること間違いなし!

疲れ顔を一瞬で変える魔法のリップグロス

朝、お気に入りのリップカラーを塗っても、おやつやドリンクを飲むとせっかくのリップが取れてしまうことや、夕方になると顔がお疲れ顔になって唇の色までくすんでしまうことはありませんか?そんなみなさんにオススメしたいのが、【phグロス】。つけた時の唇のphや水分量によって反応し、色が変わります。つまり、オリジナルのカラーがその瞬間に出来るというわけです。見た目は透明グロスでありながら、時間が経つと赤みを帯びていくので、顔が一瞬で明るくなります。また、疲れているときや時間がないときでも、簡単に塗れます。
最近では、いろんな化粧品メーカーから出ているので、メーカー別でご紹介したいと思います。

おすすめグロスのご紹介

【ジバンシイ「グロス・レヴェラトゥール」】
2012年に限定販売されましたが、即完売の人気商品が定番化しました。時間が経つにつれて、フレッシュピンクになります。固めのテクスチャーで長時間潤いキープできます。色は、pHが低いほど、また水分量が多いほど赤みが強くなります。

【キャンメイク「ユアリップオンリーグロス」】
プチプラ系からも発売しています。
こちらは、水分量のみで変化するグロスです。時間とともに発色が強まり、色が唇に密着して落ちにくくなります。自分の好きな赤み加減になったらティッシュでグロスをオフすると、赤みがそのまま持続します。

【ミシャ「ネオン ティント グロス(ブルー)」】
韓国コスメの代表格であるこのブランドからも出ています。こちらもpHと水分量で色が変化します。ラメが入っているのでつやに加えて、キラキラをプラスしたいときにおすすめです。


ジバンシィとミシャはpHが低いと赤みは強く出るということなので、酸性になっている、つまり、疲れが溜まっている、ということになります。そして水分量に関しては、どの3つとも水分が少ないと赤みが強いうことなるので、赤みの出方のよって体調や乾燥具合が分かります。グロスでうるうる唇を目指しながら、赤みで身体の状態を知れるなんて、一石二鳥なグロスです。
値段やテクスチャーで好きなブランドを選んでみてはいかがですか?
グロスで自分だけの可愛い綺麗顔になろう
関連キーワード

関連記事