身体が硬い人に! 継続すれば身体が柔らかくなるストレッチ法

身体が硬い人に! 継続すれば身体が柔らかくなるストレッチ法

ダイエットのためにも身体は柔らかい方が良いといわれているのをご存知でしょうか?身体が硬くて悩んでいる人におすすめのストレッチ法をご紹介します。
Sao

ダイエットにも効果的!身体が柔らかくなるといいことがいっぱい

身体の柔軟性は人によって個人差がありますが、身体が硬いとスポーツをする時や仕事をする時でさえすぐに身体が痛くなってしまったりします。
また、身体が柔らかい方がダイエットにも効果的だと言われているのですが、身体が硬いということは、筋肉が硬いということ。そのような人は筋肉が十分に伸びずに動きにくくなります。ですから、おもいっきり身体を動かすことができなくなり、その結果どうしても身体を動かす機会が減っていきます。そして運動不足はさらに筋肉を硬くさせるので、ますます動くのが面倒になっていくという太りやすい悪循環を作り出しているのです。

では「身体が硬い人はずっと硬いままなのか?」と心配になった人もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 皆さんもご存知のストレッチがあなたの身体の硬さを解消するサポートをしてくれますよ。

また、身体の硬い人はストレッチに対しても「痛い」「辛い」などのマイナスイメージを持っている場合が多くて敬遠しがちですが、やり方さえ知れば簡単に出来ちゃうんです!
今日からあなたも柔軟な身体作りを始めてみませんか?

ストレッチの前に知っておきたい、身体を柔らかくするためのポイントとは

硬い筋肉をいきなり伸ばしてしまうと、身体を痛めてしまうことがあるので、これからご紹介するポイントを必ず頭に入れてからストレッチを行うようにしてください。

【ストレッチの前に入浴】
①38度くらいのぬるま湯につかって血行を良くする
②身体が冷えないうちに硬い関節周りや筋肉のマッサージをしてほぐす

【ストレッチの時に重点的にほぐす箇所】
①骨盤:骨盤の歪みを矯正すれば背筋の筋肉もしなやかになり、お腹周りの脂肪を減らすことに効果的
②股関節:股関節の柔軟性が向上することで、脚の付け根のリンパの流れが良くなるので、足の冷え性やむくみなど、女性にとっての辛い悩みが解消される
③肩甲骨:肩甲骨の可動域を広げれば、背中の贅肉がスッキリすると同時に、首周りのリンパが改善されてフェイスラインがすっきりする
身体を柔らかくするストレッチ法とは

身体を柔らかくする!おすすめのストレッチ法

【骨盤に良いストレッチ】
1.床に胡坐をかく
2.前に手を付いて、エビぞりになるように足を返す
3.そのままの体勢で30秒キープする

【股関節に良いストレッチ】
1.床に座り、胡坐をかくように足を股関節側に折り曲げ、足の裏を合わせる
2.合わせた足先を持ち、背筋を伸ばすようにし、体を前傾させる。 呼吸は止めずに、ゆっくりと息を吐き出しながらスローモーションで体を倒して。気持ちよいところで上体を倒していくのを止める
3.息を吸いながらゆっくりと上体を起こしていく。この動作を数回繰り返す。

【肩甲骨に良いストレッチ】
1.壁の横に立ち、壁に手を当てながら真上に伸ばす
2.伸びているなと感じるように角度を変えていく(0度~180度)


ストレッチは即効性はありませんが、続けることで身体が柔らかくなっていくのを実感できるはず。寒くなってくると身体は更に硬くなっていくこともあるので、今のうちに対策しておきましょう。

関連記事