ズタボロネイルを救う。医薬品レベルのネイルセラムがすごい?!

ズタボロネイルを救う。医薬品レベルのネイルセラムがすごい?!

指先まで気を使っている女性は素敵ですよね。でも、ネイルを続けているとどうしてもつきまとうのが、爪の傷み。今売れまくっているネイルセラムを試してみました!

ジェルネイルを続けていたら、爪がぺらぺらに…

ジェルネイルが大好きな私。
毎月、まつげエクステとジェルネイルは欠かさないのが信条でした。
でも、あるときジェルネイルをオフしたときに、自分の爪が思いの外ズタボロになっていることに気が付いて愕然としました。
オフのときや、ベースジェルを塗るときに爪を削り続けているせいで、爪自体の厚さがまるで紙のようにぺらぺらになってしまっていたのです。

そんな時、あちこちのドラッグストアで見かけて、手にとったのが、今回ご紹介する「Dr.Nail ディープセラム」でした。

ネイルケアに最適! ちょっぴり高いけど、その効果のほどは?

「Dr.Nail ディープセラム」 は大きいサイズの6.6mlと小さいサイズの3.3mlがあり、お値段もそこそこです。
しかし、ネットを見て、保湿するだけのオイルとは違い、通常爪に浸透することのない成分(爪を健康にしてくれる「有機ケイ素」と爪のケラチンを生成する「有機硫黄」)が、しっかりと浸透することで爪自体を強くしていく、というなんだかすごい謳い文句を見て、使ってみることに。

使い心地は、ほとんど水のような感じでさらさらしており、オイルのようなとろみは全くありません。
このテクスチャで保湿が出来るのかな、と疑いたくなるほどサラリとしていたのですが、これを塗った爪は、まるで、薄くトップコートを塗ったように、ジェルをオフしたときに付いた爪表面の傷や薄く剥けてささくれた部分が、水に塗らしたように目立たなくなっていました。
「これってちゃんと浸透している証拠?」
と思いつつも、まだ半信半疑。

でも、毎晩せっせと塗ること3週間。
成果はしっかりと出ていました。

ペラペラだった爪が固くなっている…?

勿論、爪そのものが伸びてきたということもありますが、とはいえ、生え際の数ミリ以外は傷だらけだった私の爪。
正直、剥けてしまった部分や傷は目立たなくなった程度で、つるつるに戻った!ということはないのですが、爪の固さが明らかにアップしていました。
それまでは、指で爪の先端を押すと簡単に曲がってしまっていたのが、指で押してもふにゃふにゃ曲がらないんです。

これには正直びっくり。

爪全体が生え変わるまで、薄くて危なっかしい爪で過ごす覚悟をしていたので、たった3週間でこんなに実感出来るとは思っていませんでした。
使う前には調べていなかったのですが、よくよく調べてみたら、このネイルセラムは、ヨーロッパやアメリカでは、医療用として販売されている商品なんだとか。

値段は確かに少々高いのですが、その作用には納得です。
この商品は、ネイルをしている時でも、伸びてきた部分に使用することが出来るので、ネイルを楽しんでいる方は必携のアイテムです!
医薬品レベルのネイルセラムが、ズタボロネイルを救う!?

関連記事