顔よりも年齢が出ている?!手の老化を防ぐ5つの対策

顔よりも年齢が出ている?!手の老化を防ぐ5つの対策

アンチエイジングは顔だけじゃない!顔と比較すると10年も早く老化していると言われる手元。今すぐ始めたい、手元ケアをお教えします。

年齢が顕著に出る?!老化防止に手元ケアを

美しい手は若々しく見せてくれます
美しい手は若々しく見せてくれます
手元が体のパーツの中でも最も老化のサインが現れやすい事を知っていますか?
毎日休む事なく働いている「手」は、顔と比較すると10年も早く老化していくと言われています。メイクでも隠せないので、老化が顕著に現れやすい部分。では、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

【新陳代謝のスピードが遅い?!】
手肌は、顔の皮膚に比べて新陳代謝のスピードが遅いため、一度シミやシワが出来るとなかなか消えません。
顔や体と違い、直接見られる事がかなり多いので、老化が強くイメージされて印象に残ってしまいます。

【手の老化を防ぐ5つの対策】
①保湿ケア
加齢と共に皮膚が薄くなり、肌も衰えます。手の衰えを防ぐには、手を乾燥させず、保湿が大切。
化粧水、美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地…毎日する顔のケアをそのまま手にも同じ順番で塗るクセをつける事で、毎日のハンドケア習慣が身に付きます。

②手を洗った後は、しっかり水分を拭き取る
手を洗った後水分が残っていると、その水分が蒸発する時に肌の水分まで一緒に奪われてしまい、乾燥を加速させます。タオルやハンカチで、指と指の間まできちんと拭き取るようにしましょう。

③ネイルを長期間つけっぱなしにしない
華やかでキレイな爪先は、肌が明るく見えて若々しい印象を与えます。だからといって常につけっぱなしはNG。月に1週間程度は爪にお休み期間を与えてあげましょう。1週間のブランクをあけるだけで、爪をより強く健康にすることができます。

④水仕事の時は、ゴム手袋を使う
いくら肌が強くても、毎日洗剤にさらされていては肌にとってかなりの負担です。また、温度が高いお湯を使うと手肌の潤いに必要な皮脂まで落としてしまい、手荒れを招いてしまいます。
水仕事の時には、必ずゴム手袋をするようにして、手を守りましょう。

⑤血液をサラサラにする習慣を身につける
血液がドロドロだと、血管が浮き出る原因になります。血液をドロドロにする肉類や油など脂肪や糖分などを摂りすぎないようにしましょう。アルコールの過剰摂取もNGです。
また運動をすると新陳代謝が高まり、血液中の中性脂肪やコレステロールが燃焼され、ドロドロ予防にもなります。

日々の意識と継続が大切です!顔だけでなく、手元のケアも忘れずおこないましょう。

関連記事