乾燥肌女子必見! とろ~り濃厚なあの食材でお肌がもちもちに

乾燥肌女子必見! とろ~り濃厚なあの食材でお肌がもちもちに

空気が乾燥してきたこの季節、乾燥肌女性に朗報! スーパーでちらほら見られるようになったあの食材、実はもちもちお肌になれる栄養素が詰まっているんです。

今が旬! 鮭の白子で乾燥肌がもちもちに

秋鮭は身だけじゃない
今回ご紹介する美肌食材は、鮭の白子です。こう聞いても、あまりピンとこない方が多いかもしれませんね。居酒屋さん等でもおなじみの真鱈の白子がボコボコした形状をしているのに対し、鮭の白子はつるんと細長い形をしているのが特徴です。今の季節、スーパーの鮮魚コーナーには白くてぽってりとした秋鮭の白子がずらりと並んでいるのを見ることができます。

鮭の白子がもちもち肌を作ってくれるのは、DNA(デオキシリボ核酸)が豊富に含まれているからです。DNAがどんな美肌効果をもたらしてくれるのか、ざっと見てみましょう。
●お肌の保湿やハリ、ツヤ増進に効果的なコラーゲン・ヒアルロン酸を増加させる働きがある
●お肌の老化を防止する、アンチエイジング効果がある
●お肌のダメージを回復させる働きがある

…こうして見ただけでも、鮭の白子の美肌効果が抜群だということが伝わってきますね。お肌が乾燥気味な方は、秋鮭の白子をどんどん食べましょう!

乾燥肌に効果的な鮭の白子は、下処理も簡単!

「白子って、生臭そう…」「下処理が面倒そう…」なんて思っている方、全然そんなことはないんですよ。白子の下処理は、やってみると意外と簡単なんです。

1.新鮮な白子(張りがある、溶けていない、弾力のあるもの)を選ぶ
2.表面に太い血管があったら、爪楊枝や爪で血をしごき出す
3.塩とお酒をかけてちょっと置き、水洗い

以上の3点を守れば、美味しく食べられます。ちなみに私は、美肌効果のあるなしに関わらず鮭の白子が大好き!濃厚な風味に、とろっとした舌触りがたまりません…。

美肌&美味!鮭の白子を美味しく食べて乾燥肌対策を

下処理が終わったら、包丁でひと口大に切ってあとは調理するだけです。私は酒蒸しにして食べるのがお気に入りですが、色々な調理法があるのでご紹介しますね!

●シリコンスチーマーで簡単酒蒸し
シリコンスチーマーに入れた白子にお酒を振りかけ、レンジで加熱します。加熱時間は、様子を見ながら少しずつ増やしていきましょう。ポン酢を付けて食べます。

●バタ醤油ーソテー
白子の水気を切って小麦粉を付け、バター醤油でソテーにするとリッチな味わいです。

●お鍋の具に
普段お鍋をするという人は、具として鮭の白子をプラスしてみましょう。

●味噌汁
味噌汁の具としても、白子はしっかりマッチします。騙されたと思って試してみましょう!

●天ぷら
余裕のある人は、天ぷらにもチャレンジしてみましょう! トロッととろける食感が癖になります。

関連記事