ダイエットの参考に!太りやすい人の食事 vs 痩せている人の食事

ダイエットの参考に!太りやすい人の食事 vs 痩せている人の食事

しっかり食べているのに痩せている人、全然食べていないのに太っている人は何が違うのでしょうか?
以下の食事例を参考に、痩せ体質のメニュー選びを身につけましょう。

ダイエットしているのに! 太りやすい人の食事例

【朝食】
(例-1)ヨーグルト+青汁
(例-2)栄養補助食品+カフェオレ
(例-3)シリアル+スキムミルクまたは牛乳

これらの食品はすべてダイエット食品の定番と言われるものばかりです。
しかし、シリアルや栄養補助食品は加工食品なうえ、小麦製品なので脂肪になりやすい食品です。また、スキムミルクやヨーグルトなどの乳製品は、日本人が消化しにくいものなので、乳製品の残留物が腸にどんどん溜まっていきます。

【昼食】
(例-1)蒸し鶏orチキン+サンドイッチ
(例-2)菓子パン
(例-3)たらこパスタ

仕事の合間に時間がないからと、簡単に食べられるサンドイッチや菓子パン、パスタなどの単品メニューを選ぶのはNG。炭水化物づくしで太りやすいうえ、栄養が偏ります。さらに、小麦製品なので消化も悪く、ダブルでアウトです。

【間食】
(例-1)クッキー+カフェラテ
(例-2)ケーキ+ミルクティー
(例-3)ポテトチップス+缶コーヒー

仕事中にカフェラテを1日に3、4杯飲むという方もいらっしゃるかと思いますが、明らかに乳製品の摂り過ぎです。ポテトチップスなどのスナック菓子は、古い合成油を大量に摂ってしまうので、アンチエイジングのためにも避けたいところ。

【夕食】
(例-1)コンビニやスーパーの総菜またはお弁当
(例-2)サラダ+パン
(例-3)パスタサラダ+おにぎり

残業で遅くまで働く女性も多いので、お腹が空いてコンビニやスーパーのできあいのものを食べてしまったりすることもあるでしょう。とりあえず空腹を満たすものをと、手軽に手に入るものを選んでいますが、明らかに栄養不足です。
片手で簡単に食べられるもの、単品メニューの食事はデブのもとだと認識しましょう。

食べているのに痩せている人の食事例をダイエットの参考に

【朝食】
(例-1)ミネラルウォーターコップ1杯+フルーツ
(例-2)ご飯+味噌汁(わかめスープ)+納豆
(例-3)手作りのスムージー

朝一番は体が脱水状態なので、まずはコップ1杯のミネラルウォーターを飲みたいところです。午前中は排泄の時間なので、水分を多く含むものを摂ると便秘解消にもなります。また、痩せている人は味噌汁やスープなど体を温める汁物を摂っているのも特徴です。
「朝食はしっかり食べるべき」という朝食信仰は捨ててOK。食欲がないなら無理に食べる必要はなく、水分を摂るだけでも問題ありません。

【昼食】
(例-1)焼き魚定食(焼き魚+味噌汁+サラダ+香の物+ご飯)
(例-2)生姜焼き定食(生姜焼き+サラダ+味噌汁+ご飯)
(例-3)季節野菜の玄米菜食定食(野菜のグリル+スープ+漬物+玄米ご飯)

朝食を軽く済ませたら、お昼はしっかり食べてOKです。昼食を選ぶときは、定食のようにバランスよく食べられるものをチョイス。定食なら汁物も付いてくるので、体を温める効果もあります。近くに玄米菜食のお店がある場合は、ご飯を玄米や雑穀米にすれば栄養も抜群です。

【間食】
(例-1)素焼きのくるみやアーモンドなどのナッツ類
(例-2)無調整豆乳または野菜ジュース
(例-3)無添加のドライフルーツ

痩せている人は、自然と「加工食品」を避け、ナチュラルフードを賢く選んでいます。お腹が空いたときに間食を我慢する必要はありませんので、体に良い物を適度に入れましょう。空腹の時間が長いと、次の食事でドカ食いしてしまいます。

【夕食】
(例-1)和食(サラダ、和え物、おひたし、焼き魚、味噌汁)
(例-2)イタリアン(サラダ+魚のカルパッチョ+スープ+赤ワイン)
(例-3)居酒屋(枝豆+豆腐+和え物+焼き物)

痩せている人は、単品メニューを選ばす、野菜やタンパク質をバランスよく食べています。外食だって選ぶものさえ気をつければ友達付き合いも怖くありません。

関連記事