食べ過ぎたら速攻で戻す! ダイエットに繋がる賢い対処法とは

食べ過ぎたら速攻で戻す! ダイエットに繋がる賢い対処法とは

みなさんは食べ過ぎたあと、きちんと調整をしていますか?
食べた物が脂肪に変わる前に賢く対処すれば、脂肪になるのを防げるんです!

ダイエット女子必見! 食べ過ぎたら後の2日で調整する

暴飲暴食をして、後悔することってありませんか?食べ過ぎた翌日は確かに体重が増えていることが多いと思いますが、あれはほとんどが水分。つまり単なるむくみなのです。

食べ過ぎたからといってすぐに脂肪に変わるわけではありません。食べ過ぎたと思ったら、後2日間で調整すれば、脂肪を溜め込まずにすみます。

では食べた物がいつ脂肪に変わるかと言うと、それは約2週間後。食べた物のカロリーは、食事誘導性熱産生という、その場で燃えてしまうカロリー以外、腸に入ってエネルギーとなります。そして食べ過ぎた余剰分は、糖分となり肝臓に蓄えられます。しかし、この蓄えている量が多過ぎると、脂肪細胞へと変わってしまうのです。ですから、肝臓にあるうちに燃やしてしまうのが必須。

食べ過ぎたら、後の2、3日が勝負だと思い、食事の量を減らすなり、運動するなりして調整をしましょう。

食べ過ぎた翌日は18時間あけるのがダイエットの秘訣

先ほども申し上げた通り、連続して食べ過ぎなければ、すぐに脂肪になることはありません。食べ過ぎたなと思ったら、その後の約18時間は食事を抜いてみましょう。例えば、夜12時に寝て、翌日の朝食を抜き、昼になったら食事を食べる、といった具合です。寝ている間ならさほど苦にならずに食事の時間をあけることが出来ます。

また、もうちょっと我慢できる場合は、お腹が空くまで水だけで過ごしてみるのもいいかもしれません。お腹がグーグー鳴ったら空腹モードだと思いがちですが、実はグーグー鳴るうちは、まだ余裕があるときなのです。それを越えると、お腹が空かない状態になります。さらにしばらく経つと、本当の空腹が訪れるのです。そのときがきたら、ようやく食事を口にします。

暴飲暴食をした後は、このくらいの空腹に耐えることも必要です。そうしないと肥満を招くばかりか、胃腸への負担にもなってしまいます。

週末プチ断食でLet's ダイエット!

食べ過ぎて体が重いとき、体のデトックスをしたいときにオススメなのが断食です。体は48時間(丸2日)何も食べないと、自然と排泄モードに切り替わり、消化器官や肝臓に溜まった毒素を体外に排出することが出来ます。日頃疲れている内臓を休める意味でも、半年か1年に1度行ってみるといいでしょう。
しかし、断食にはそれなりの危険も伴いますので、医師や専門家のもとで正しい指導を受けて行なって下さい。断食道場に行くのもアリですし、週末にプチ断食をするのもいいでしょう。

ダイエット女子必見! 食べ過ぎ予防にはこのハーブティー

痩せたいのに食欲が止まらない…。そんなときにオススメなのが、フェンネルという薬草の入ったハーブティーです。

フェンネルという薬草には、食欲を抑える効果や胃腸を整える効果があると言われています。スパイシーな香りと、ほのかな甘味のあるお茶で、口当たりもよく飲みやすいハーブティーです。

このフェンネルは、インド料理やさんで食後に出されることもあります。インドカレーはとても脂っこいので、食後の胃薬として勧められているようです。それだけ、中近東では使用されているハーブなので、薬効が期待出来そうですね。

関連記事